活動レポート

おうちdeカフェ ~私の好きな本・絵本 それにまつわる話~

パルシステム東京は、6月15日(火)に「子育て個育てワークショップ」の取り組みとして「おうちdeカフェ」を開催しました。

コロナ禍の中、オンライン上で5名の方が参加しました。

当日ワークショップを担当したファシリテーターから報告いたします。

*子育て個育てワークショップとは⇒こちらをクリックしてください

 

コロナ禍で、友人・知人とのコミュニケーションがとれない中、家事や育児負担が一気に押し寄せる状況。不要不急という言葉から自分の存在意義は何だったのか? コロナ感染拡大当初いだいていたやり場のない不安感から、少しずつ日常を取り戻しつつある現在の気持ちを、お互いに話しました。

 

話しているうちに、自分の好きなことを再発見

「おうちdeカフェ」ではテーマを絞らず、いろいろな「自分の好きなこと」を気ままにおしゃべりしています。

「なんで好きなんだっけ?」

「そういえば昔、好きだったけど最近忘れていたわ。」

「こういう種類・雰囲気の物が好きだったって気づいた!」

など、ただの情報交換ではなく、自分の中の「私」に焦点を当てて考え、話して、聞いてもらうことでリフレッシュし、心がほっと軽くなり、参加者もファシリテーターも元気になっています。

 

 

好きな本・絵本、それにまつわる話は尽きない

今までのカフェで何回も「本」が話題になったことと、担当のファシリテーターが「絵本」ワークショップを企画していたことがあったので、今回は「本・絵本・それにまつわる話」をテーマにしました。

 事前に「できれば好きな本を準備して参加してください。」とお願いしたところ、わざわざ図書館で借りて来てくださったり、インターネットで検索してその絵本の絵を画面共有しながら話してくださったり、参加者の本への愛情が伝わってきました。

 

カフェは自己紹介もそこそこに、本題に入り、それぞれが好きな本を興奮気味に話します。

「その本、知ってる!私も大好き!」

「知らないけど、読んでみたくなった!」

と、初対面なのに、オンラインなのに、こんなに楽しく交流できるのかと驚きました。今までは会場開催に比べて「この会はどんな雰囲気なんだろう?今、話して良いのかな?」という、様子見の間が長いことが気になっていたのですが、今回は「一人の声しか聞こえないから順番に話して」と思うほど、賑やかでした。

参加者の声(一部抜粋)

・引越ししたり、本はだいぶ捨てたけれど、この本はずーっと持ってる。

・この絵本が好きで子どもに何度も読み聞かせるけれど、感動してしまって最後まで読めたことがない。

・「話しすぎちゃった?」つい思いがこみ上げてきて……。聞いてもらえて嬉しかった。

・早速、図書館で予約しました。

という人もいて、またいつか続きを話せたら、もっと楽しいだろうと思いました。

みなさんのzoomを退室する時の目がキラキラしていたのが印象的でした。

 

担当ファシリテーター:かずよ まゆみん ショーちゃん

これからの予定

今後も「おうちdeカフェ」は2か月に1度くらい、また毎回本をテーマとした「ブックdeト~ク」も開催しています。

お気軽にご参加ください。初めての方も、常連さんも大歓迎です。

文責ファシリテーター:ショーちゃん

 

 

次回9月16日(木)に開催します(8月23日(月)から申し込み開始)→ お申込みはこちら

 

3月9日開催の報告 → こちらから