理念とビジョン

生活協同組合パルシステム東京の理念

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした
「社会」をつくります

(1)食べものの安全性にこだわり、生活者のくらしと健康を守ります
(2)日本の食料自給力を強めるため、生産者とともに産直運動を発展させます
(3)安全・品質・価格・産直・環境面でもっと優れた「商品」をつくります
(4)女性の社会参加を応援します
(5)平和、地球環境、福祉、たすけあいの活動を広げ、地域社会に貢献していきます

生活協同組合パルシステム東京2030ビジョン

「たべる」「つくる」「ささえあう」 ともにいきる地域づくり

一人ひとりの行動で、持続可能な地域社会をつくり、世界の平和につなげます

わたしたちがめざすもの

つくる 〈農・産直〉 「つくり」手との絆を深め、持続可能な生産と消費を地域社会に広げます。
たべる 〈食〉 「たべる」ことの大切さを伝えあい、安心で心豊かな食を地域に広げます。
ささえあう 〈福祉・たすけあい〉 身近な「ささえあい」を通して、誰もがくらしやすい地域社会を広げます。
きりかえる 〈環境〉 一人ひとりのくらしを「きりかえ」、多様な命を育む環境を広げます。
わかりあう 〈平和〉 「わかりあう」心を広めて、一人ひとりが大切にされる共生と平和の社会をつくります。

実現するための取り組み

社会活動 ・社会的課題の解決に向けて、NPOをはじめとした他団体や協同組合間で連携した取り組みをすすめます。
・笑顔ひろげる身近な地域づくりに向けて、事業所を拠点に、行政・地域団体と連携した取り組みをすすめます。
事業と活動 ・人生100年時代を見据えた学びや活動の機会を広げていきます。
・一人ひとりの多様なくらしに対応した事業の改善・開発をすすめます。
人と組織 ・生協運動の活性化と継承に向けて、組合員参加の入り口を広げるとともに、担い手づくりをすすめます。
・パルシステムを担う人材の多様な働き方の創出や雇用環境の整備をすすめます。