活動レポート

新しい方も、常連さんも大歓迎! おうちdeカフェ

参加者の関心の高まりを感じるリモート企画!

文:パルシステム東京登録ファシリテーターぶっち、まゆみん

 

オンライン開催のワークショップは3回目となりました(2021年3月9日)

毎回、皆さんにワークショップへの「参加動機」をお聞きしています。

「なかなか外出がかなわないので、家からなら参加しやすい」というお話と共に、「オンラインでどんなことができるのか関心があって」「近くに知り合いが少ないので、いろんな方との出会いに興味があって」といった声をよくお聞きします。

オンラインならではの幅の広い、新しい出会いのスタイルへの期待感を感じています。

マスク、ディスタンスを気にしないでリラックス

自分で用意した飲み物やお菓子を紹介したり食べたりしながら、話ができることも【おうちdeカフェ】の醍醐味の一つ。お互いの表情、笑顔を見ながら話せる感覚も楽しんでいただけたのではないでしょうか。

Zoomを使ってのファシリテートも少しずつ慣れてきて、参加者の皆さんのそんな様子も感じる余裕が出てきました。
 オススメのお菓子の話、最近読んだ本の話、「へ~、それってどんなもの?」「どんな風にしているの?」など、開始直後の緊張感がほどけてくると、聞きたいことがどんどん出てきます。

興味のある話を「聞く」ことはもちろん、自分の話に関心をもって「聞いてもらえる」心地の良さも、思い出せる時間になっているのでは感じています。

定期開催を目指し、新しい方も、常連さんも大歓迎!

お気に入りの喫茶店のように、「また、あそこに行って話そうかな、話を聞いてみようかな」そんな気軽に立ち寄れる場所になっていけたら・・と考えています。

ファシリテーター自身も、オンライン開催は手探りでありますが、新年度4月より1~2か月に1度の定期開催を目指しています。

自分のためのホッとくつろげる時間、ちょっと肩の荷物を下ろせるような時間を、参加者の皆さんの声を聞きながら一緒に作っていけるような取り組みを目指します。

環境的な問題や、自分の生活時間の配分で、会って話すことがままならない中で、それでも「人と出会って話す」場を大切に作っていきたいと思います。

参加者の声(一部抜粋)

・オンラインなので、なかなか他の方のお話に相槌を打ったりとかのタイミングが難しいなと思いましたが、楽しめました。 何かテーマがあったほうがもっと話しやすいかなと思います。

・一人一人に振ってくださり、話しやすかったです。 知らない人の話が聞けて、楽しかったです。 また参加させていただきます。 ありがとうございました。

・まゆみんさんがカフェのマスター、ぶっちさんがそのお店の常連客って感じの、楽しいひとときでしたね~ お二人の壁紙とても良かったです※。ありがとうございました。前半のみの参加で失礼しました。ご迷惑でなかったかしら?少し心配してます。ワークショップでのカフェは参加初めてで、コロナ禍過ぎれば、パルシステムのお菓子とともに、是非お呼ばれしたいな~って思いました。

・会議とかZoomを使うことが増えましたが、ワークショップではどんな感じなのかと、コロナ禍での出会いを楽しみに参加させていただきました。参加者が少ないことで全員の方が視野に入り、しゃべる時間も取れ楽しむことが出来ました。家時間が増え、読書して本のことを語りたくなった人もいるのではと、そんな本のことを話題にできて良かったです。直に会ってワークショップしたい、ますますそんな気がしています。

※今回、ファシリテーターの背景の壁紙に、カフェ店舗の写真を採用。