活動レポート

【2017年7月13日】 2017年度ファシリテーター養成講座 説明会

この秋、チャレンジしませんか!~興味とやってみたい気持ちがあれば、自信は不要~

パルシステム東京のファシリテーターは組合員の参加の場と位置づけ、講座修了後は「子育て個育てワークショップ」の ファシリテーターとして企画作りから当日の運営を通して活動します。

 

すでに活躍している養成講座修了生6人が当日の進行を努めました。

「ファシリテーター」に期待することは3つ。

◆つどった人同士の化学反応を促進する『触媒』
◆それぞれの気づきや1歩をそっと支える『伴走者』 
◆参加者を組合員としての次のステップへ誘う『encourager』

 

活躍中のファシリテーターからエール?

人前で話すことも苦手で、講座についていけるか自信がありませんでしたが、養成講座に参加して今では仲間とワークショップを行い、新たな気づきを体験しています 。是非ご一緒に!

 

出会う・深める・つながる

『子育て個育てワークショップ』の大切なコンセプトです。その進行役として学び合う『ファシリテーター養成講座』もおんなじです。仕事、活動、家庭での体験どれもがみなさん独自のキャリアです。それぞれの物語を持ち寄り、出会い、学び合いましょう。仲間と出会い、自分との出会いをさらに深め、さぁ、あなた自身の物語を、この秋、次の章に進めてみませんか?
みなさまとの出会いを楽しみに、お待ちしています!
~講師/ほんまようこ~

 

 

*説明会への参加の有無は申し込みの選考に関係ありませんので、ふるってお申込ください

参加者の声より(一部抜粋)

◆パルシステム東京の中の今まで知らなかった場所をまたひとつ知ることができました。 ファシリテーターの方や講師の方のお話を直接聞けたことはとてもよかったです。
◆子どもが幼稚園に今年入園し、預かってもらえる時間の目処がついて、また今回具体的にファシリテーター としての日常業務(?)を伺うことができ、やりたいという気持ちが強くなりました。   
◆今日の講座を受けて、現役のファシリテーターのみなさんがいきいきと輝いていて私もそんなふうに なりたいと思いました。
◆この説明会の中から受け手参加であった私が、最後に能動的な気持ちになっている自分に気づきました。