食ナビNEWS− お知らせ −

2016年 8月22日号より

ニュース関連情報

BSE検査を廃止? パルシステム東京は意見書を提出しました。

 食品安全委員会は、と畜場で実施されているBSE検査をすべて廃止する旨の報告書を、厚生労働省に提出しました。BSE 検査は2001 年の国内BSE 牛発見後すぐに、「全頭検査」として始まりました。しかし、2005年に米国産牛肉の輸入のために20 ヵ月超にされて以来、段階的に48 ヵ月超に緩和されています。食ナビ3月号で取り上げた通り、「非定型BSE」など不安要素がある上、米国産牛肉の輸入拡大のために緩和が進められていることも問題です。パルシステム東京は以下の意見書を提出しました。

  • 非定型BSEの評価を要望します

  • 予防的な措置を要望します

  • 米国産牛等の再評価、規制を要望します

キーワード

ほかの記事もみる

問合せ先 パルシステム東京 商品・産直推進部