1. ホーム
  2. パルシステム東京について

パルシステム東京について

市民社会の実現を求めて これまでもこれからもチャレンジを

45年前「子どもたちに安心して食べられるものを」と市民が手をつないで、私たちの生協は始まりました。本物の牛乳を求めて始まった産直運動が市販牛乳の、農薬削減の取り組みが農産品のレベルアップに貢献し、消泡剤不使用の豆腐や添加物に頼らないハムなどのチャレンジが、食づくりの現場に少なからぬ影響を与えてきたと自負しています。

そして、子どもたちが安心してくらせる未来のためには、食だけでなく「共生の社会」づくりが必要、と新たな事業や運動をつくってきました。少子高齢社会の問題解決の一助にと、介護事業に加え保育園を開設。脱原発を実現するためにと、子会社に新電力事業を立ち上げ、再生可能エネルギーの供給にもチャレンジしてきました。

小さなチャレンジがさざ波となり、社会を変えていく。そのような市民社会の創造を目指して、内外の力を合わせていきます。

理事長  野々山 理恵子

理事長野々山理恵子

パルシステム東京のご紹介

パルシステム東京のポリシー

経営情報

連絡先一覧

総代

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿