基本情報

平和カンパのプロジェクトを知ろう③タイ国境(難民キャンプ) /学びの場を待ち望む子どもたちへ | シャンティ国際ボランティア会

パルシステム東京の2021年度平和カンパで支援するプロジェクトの一つ、「タイ国境(難民キャンプ) /学びの場を待ち望む子どもたちへ | シャンティ国際ボランティア会」をご紹介します。

(本ページの内容は団体からの提供いただいた写真・テキスト等の素材をもとに、パルシステム東京政策推進課にて再構成しています)

本の力を、生きる力に。アジアの子どもたちに届けられた27万冊の本。

タイ国境のミャンマー(ビルマ)難民キャンプで、 絵本を手にした人々のストーリーをご紹介します。


登壇イベントのご紹介

 

パルシステム東京主催で7月23日(金・祝)に開催されたオンライン学習会「出口の見えない難民問題の今」に、シャンティ国際ボランティア会の菊池 礼乃 氏がパネリストとしてご登壇されました。

 

※本企画のアーカイブ配信はありません。ご了承ください。


2020年度のプロジェクト活動報告

 生活協同組合パルシステム東京様の平和カンパにより、昨年に引き続き、タイ・ミャンマー(ビルマ)国境沿いにあるメラ難民キャンプ第1 図書館、第5 図書館でのノンフォーマル教育事業を支援することができました。難民の心に寄り添うコミュニティ図書館へのご支援を、誠にありがとうございました。

 

●事業概要●

事業対象地:タイ国境 7 ヵ所のミャンマー(ビルマ)難民キャンプ

事業名:ミャンマー(ビルマ)難民キャンプにおけるコミュニティ図書館を通じたノンフォーマル教育支
援事業

対象者:2020 年度図書館利用者 延べ5,794 人(第1 図書館) 延べ11,140 人(第5 図書館)

ソー・ムー・クポ・セイくん(9 歳 メラ難民キャンプ図書館利用者)

ソー・ムー・クポ・セイくん(9 歳 メラ難民キャンプ図書館利用者)

僕の名前はソー・ムー・クポ・セイです。僕は3 人兄弟の次男で、家族5 人で暮らしています。家では水汲みや掃除の手伝いをしています。時間があるときには図書館に行ったり、友達とサッカーをしたりします。学校が好きで、授業で特に興味があるのは保健です。内容が分かりやすくて、普段の生活で気を付けるべきことが身に着くからです。自由な時間があればいつも図書館に行って色々なことを学んでいます。お気に入りは「あなたにできることは?」という絵本で、動物たちの特長について知ることができます。図書館では、友達と一緒にできるゲームと読み聞かせの活動も楽しんでいます。図書館員の人たちはとても気さくで親切です。僕は野菜を植えて育てることが好きなので将来は農家になりたいと思っています。図書館を支援してくださる日本の皆さん、本当にありがとうございます。これからも僕たちのことを思い出してくれたら嬉しいです。