1. ホーム
  2. 各種応募・お申し込み
  3. カンパ活動
  4. 「2018年度 福島支援カンパ」にご協力をください!
カンパ活動

「2018年度 福島支援カンパ」にご協力をください!

2019年02月11日

 

原発事故から8年。今も放射能の影響から子どもたちを守るために活動を続ける市民団体を応援します。
2019年3月15日までカンパを受け付けています。

2018fukushimashien-campa_MV.jpg

子どもたちがのびのび遊び、お母さんたちが悩みを分かち合う保養企画「福島ぽかぽかプロジェクト」
(写真:FoE Japan(エフ・オー・イー・ジャパン)より)


子どもを被ばくから守りたい...。
放射能の不安と向き合う親子のためのカンパを募ります。


   1口300円~で福島を応援しよう   

カンパ募集概要

  • 募集期間:2019年2月18日(月)~3月15日(金)
      ※2月4回~3月3回企画の注文と同時受け付け
  • カンパ方法
    ・金額は、「1口300円」「1口300ポイント」「1口1,000円」「1口1,000ポイント」からお選びください。
    支援したい団体とカンパ金額を選ぶことができます。
  • カンパは注文といっしょに
    ・「支援したい団体」と「カンパ方法」を下の表から選んで、「6ケタ商品注文欄」に番号を、「注文数欄」に口数(複数可)を記入してください。(注文用紙もインターネット注文も同じです)
  • 現金カンパは商品代金といっしょにご請求します。ポイントカンパはたまったポイントから差し引きます。
  • このカンパは、税額控除対象の寄付金ではありません。
2018fukushimashien-campa_table.png

注文サイトへ.jpg

 

  2018年度福島支援カンパ 7つの団体からのメッセージ  

 

放射線量計測、甲状腺検診に加え、こころのケアも

2018fukushimashien-campa_01.jpg

認定NPO法人 いわき放射能市民測定室たらちね
鈴木 薫 事務局長からのメッセージ

いつも応援、ありがとうございます。「たらちね」では、2019年度より、これまでの事業に加えて原発事故でダメージを受けた母子のこころのケアにも着手します。みなさまとともに歩んでいきたいと思います。どうか、よろしくお願いします。

団体のウェブサイトはこちら


子どもたちと家族の笑顔のための保養プログラム 

2018fukushimashien-campa_02.jpg

NPO法人 FoE Japan(エフ・オー・イー・ジャパン)
矢野 理恵子 コーディネーターからのメッセージ

子どもたちがのびのび遊び、お母さんたちが悩みを分かち合う場として、猪苗代のシェアハウスでの保養「福島ぽかぽかプロジェクト」を約年10回開催しています。参加者自らが必要な保養を企画できるようになることを、めざしています。

団体のウェブサイトはこちら


放射能の不安のない場所で過ごし、免疫力を高める 

2018fukushimashien-campa_03.jpg

NPO法人 沖縄・球(く)美(み)の里
向井 雪子 理事長からのメッセージ 

「福島の子どもたちの保養プロジェクト」は、2019年1月で100回目の保養を迎えました。これまでに約4,300人の母子が久米島で過ごしました。みなさんのご支援のおかげです。これからも継続できますよう、応援してください。

団体のウェブサイトはこちら


放射能防護の情報を発信し、正しい知識を届ける

2018fukushimashien-campa_04.jpg

一般社団法人  子どもたちの健康と未来を守るプロジェクト
石田 伸子 共同代表からのメッセージ

放射線防護のための情報や様々な活動を紹介する『こどけん通信』を季刊で発行し、福島県内で配布しています。中学生のためのリテラシー講座の開催、通学路や子どもの生活圏の放射線量測定にも引き続き取り組んでいます。

団体のウェブサイトはこちら


親子のストレスを緩和し、支える活動を展開

2018fukushimashien-campa_05.jpg

NPO法人 ハートフルハート未来を育む会
成井 香苗 理事長からのメッセージ

地域の分断、家族の分断、放射能汚染の不安など、福島の暮らしは大きく変わりました。親子の愛着を強固にして不安に負けない安全基地としての家庭や親子関係を築くようにと、「親子遊び」と「親ミーティング」の支援を行っています。

団体のウェブサイトはこちら


子どもの未来につながる肥やしとなる活動を継続

2018fukushimashien-campa_06.jpg

NPO法人  ふよう土2100
大澤 康泰 理事長からのメッセージ

原発事故時に生まれた子どもたちは、今春、小学2年生になります。子どもたち、親たちや家族が抱いている不安・ストレスを軽減するサポートに努めながら、みなさまの支援が子どもたちの未来づくりへの肥やしとなるよう、様々な体験活動に活用します。

団体のウェブサイトはこちら


放射能の心配のない生活を子どもたちに提供する活動

2018fukushimashien-campa_07.jpg

NPO法人 まつもと子ども留学基金
植木 宏 理事長からのメッセージ

2017年度は3人の受験生を無事、中学卒業・高校入学させることができました。母子避難してきた女の子は、今度中学生になります。通年保養も順調で、たくさんの家族が福島から松本に来ています。これもみなさまのおかげです。心から感謝。

団体のウェブサイトはこちら


※写真はそれぞれ各団体提供。

*お問い合わせ先:パルシステム東京組合員活動サポートライン
TEL:03-6233-7607(月~金/9:30~17:00)

 

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿