基本情報

「お米の学習・苗植え実習」プログラム内容

いつも食べているお米。そのお米がどのように出来るのか?

テキストを使った学習と、バケツに水田を作り苗植えをするまでの一連の過程を体験する実習を通じて学びます。

お米ができるまでを、暦や代表的な産地の紹介とともに学習。今と昔、それぞれの生産者の知恵や工夫を学びます。

田起こしから苗植えまで体験が可能です。

土とバケツは小学校でご用意ください。

申込受付期間 2020年3月23日(月)~4月30日(木)
授業実施期間

2020年5月7日(木)~6月6日(土)

※ パルシステムの提携産直産地より苗を手配する都合上、6月6日(土)までの実施とさせていただきます。

※ 小学校にて独自で苗を手配可能であれば上記期間の限りではありませんが、6月中旬以降は梅雨となることから、苗植えには適しません。

時間 2単位時間(約90分)
開催場所

水場に近い場所・保管場所に近い場所

※ 雨天の場合は、屋根があるところや玄関スペースなど、雨が避けられる場所。

※事前準備  小学校側にてすべてのバケツに土を入れて準備をお願いします。

小学校側で準備をお願いするもの

・バケツ(9.5リットル以上の大きさのバケツ・直径が30㎝以上あるものがお勧め)
・土(1バケツにつき7リットルを目安。「黒土」、「赤玉土」、「鹿沼土」を6:3:1の割合で混ぜたものが理想です)
前年度にバケツで稲を育てた場合には、その土をそのまま使用可能です。その際、茎などは取り除いておいてください。
・水

パルシステム東京で持参するもの

・テキスト「お米の学習帳」(児童人数分+担当先生分)
・苗
・園芸プレート(名前やグループ名を記載し土に差します。不要な場合はお申し出ください)
・肥料(事前にお申込みください。肥料入りの土をご準備頂いた場合、肥料は必要ありません。)

注意事項

  • 講師費用、および苗や肥料、園芸プレートなどの教材費用は無料です。
  • 苗や肥料、園芸プレートなどの教材を授業当日ではなく、都合により数日前に行う場合もございます。その際は別途ご連絡させていただきます。
  • 実施当日は準備の為、授業開始時刻の約30分前に小学校にお伺いいたします。
  • 土・泥に触れるため、体操着など汚れてもよい服装でご参加下さい。
  • 児童数により使用教材の配布などお手伝いをお願いする場合がございます。
  • 開催実績として小学校名をパルシステム東京のホームページに記載いたします。

苗(無償)

※種籾は農薬不使用の温湯消毒

※パルシステムの提携産直産地から送られてきた苗