1. ホーム
  2. 組合員活動
  3. 組合員活動記事一覧
  4. 【報告】ほのぼの福祉委員会「学習会 みんなで支える地域包括ケアシステムとは?」 
みんなの組合員活動

【報告】ほのぼの福祉委員会「学習会 みんなで支える地域包括ケアシステムとは?」 

2017年07月31日

日時:7月19日(水)10:00~12:00  会場:エルソフィア 3階 第1学習室(足立区梅田7-33-1)

講師 足立区地域包括ケアシステム推進担当課 江連(えずれ) 嘉人(よしと)課長

講演 (1)地域包括ケアシステムとは?
            地域全体で支援を必要としている人を支える地域づくり
        (2)行政はどうしようとしているのでしょうか? 誰が、何をするのか?
            ①自助:介護予防(自ら主体的に考え、取組む)
            ②共助:見守り(地域や関係機関がサポートする)                スクラムを組む
            ③公助:包括的に支援(介護サービス、啓発や機会の提供、助成)
        (3)そのための取り組み
            ①認知症の早期発見・・・初期段階で本人や家族、周囲が気づくこと
            ②優しい地域作り・・・認知症のことを知る・理解する、その立場になって考えられること

グループワーク 「私たちの出来ることは、なあに?」ほのぼの画像-1.jpg
自 助
・地域活動への参加。
・地域でボランティアをする。
・自分の状況を自覚・覚悟する。
・元気に過ごす。
・自分は、どんな最期を迎えたいのか
しっかり見極めて努力する。

共 助
・地域に開かれた集まりや企画をする。
・見守りサービスの利用を薦める。
・見守り協力員に登録
・認知症の方を見かけたら勇気をもって声をかけ

公 助
・サービスを分かりやすくする。また登録しやすくする。
・予算をそれなりにつけてほしい。
・団体や個人をつなぐコーディネーターをしてほしい。
・子育て世代支援をすることで、若い世代の増加につながる
・医療・介護に関わる人たちの情報交換や意思疎通が重要
・サロンなど活動の支援と情報発信の支援
・認知症サポーターの養成
・本当の意味での収入の平等の是正
・動けなくなっても自宅で暮らせるサービス
・夜間休日介護相談窓口の対応サービス

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿