1. ホーム
  2. 組合員活動
  3. 組合員活動記事一覧
  4. 【報告】家計活動委員会「カタログの見方をマスターしよう」
みんなの組合員活動

【報告】家計活動委員会「カタログの見方をマスターしよう」

2017年05月31日

家計活動委員会では、2017年度初めての募集企画として「カタログの見方をマスターしよう」を企画しました。
講師はパルシステム東京の原英二さん。
4月は、2月に聞いた原さんのお話しをきっかけにパルシステムの牛乳3種類を飲み比べたので、今回のお話しも楽しみでした。

今回は一般組合員も募集して、パルシステムがどのような商品づくりをしているのか、という基本的なお話しから始めていただきました。
パルシステムのすべての商品づくりの基本は「安心安全」「環境」「産直」「情報提供」。
その原点からお話しがスタートし、カタログのひとつひとつのマークの意味を教えていただきました。
・産直四原則とは
・PB商品とNB商品の違い
・コア・フードと有機JASの違いや、エコチャレンジ栽培と特別栽培基準との違い
・紙カタログでは入りきらない放射能レポートやアレルゲン表示が、WEBカタログでは見られること
・市販の牛乳とパルシステムの牛乳の殺菌方法の違い 
   など、様々なことを学びました。

生協は組合員が中心、双方向の力で良い商品づくりができるんですよ、という講師の言葉が印象的でした。
参加した一般組合員さんからも熱心な質問が出ていました。 

2017kakeikatsudo.jpg

また、エコバナナのDVDを見て試食もし、私たちがパルシステムの商品を購入することで、海外の生産者の生活と安全も守っているということにも嬉しくなりました。

2017kakeikatsudo02.jpg

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿