1. ホーム
  2. 私たちの社会活動
  3. さんちょくの~と
  4. ブログ
  5. その他の産地・講座の記事一覧
  6. みんなで作ったごはんはおいしいね♪ 「北海道富良野産野菜を使った親子料理教室!」

さんちょくの~と(産直農都)

みんなで作ったごはんはおいしいね♪ 「北海道富良野産野菜を使った親子料理教室!」

top画

  1月19日(土)、港区立男女平等参画センター・リーブラにて、じゃがいも、玉ねぎなど北海道富良野産の野菜を使った料理教室を開催。小学生までの親子25名が参加し、富良野の生産者とともに調理やクイズなどで楽しいひとときを過ごしました。

 

産直の絆 直接つながる喜び

 

生産者さん

(有)富良野青果センターの村上代表取締役(右)と、岸本部長(左)
「じゃがいもや玉ねぎは、ビニールから出して新聞紙をかけ、冷暗所で保存すると長持ちします」

 

  パルシステムとはもう30年来のお付き合いとなる(有)富良野青果センターですが、組合員との交流企画は今回が初開催。昨年3月の生消協交流会時に出たアイデアが発端となって企画が実現しました。
  岸本部長は「私たちは今まで野菜を生産して供給することに力を注いでいましたが、組合員の皆さんと交流の機会を持つことで、富良野のことを少しでも好きになってもらえたら、と思っています。2018年も低温、長雨、干ばつ、異常高温、地震など、野菜栽培にとって大変厳しい1年でした。ですが組合員の皆さんからいただく『ひとことカード』に書かれた自然災害を心配する声や励ましの言葉、商品の感想などを読むと非常に励まされ、またがんばろうという気持ちになります。」と富良野生産者の思いを話してくれました。

 

はじめて包丁をにぎった子も上手にできました!  調理体験

メニュー

  調理実習では、みんなでじゃがいもの皮をむいたり、人参を包丁で切ったり、レモンをしぼったり・・・子どもたちは真剣です。

ふらの1

  毎日慌ただしい中でご飯を作っていると「子どもと一緒に料理を作りたい」という気持ちがあっても、なかなか時間もゆとりも持てないものです。でも、きょうは素材の味を活かした手軽なレシピなので、ゆっくりお子さんと調理を楽しむことができた様子。

ふらの3 ふらの5

  富良野の野菜をたくさん使って、みんなで作った料理は大成功!生産者の方と一緒に試食しながら、富良野の自然のことや雪の中の生活のこと、野菜のことなどをたくさん聞いて、楽しく交流しました。
※調理体験は組合員講師の「パルシステム東京食育リーダー」の皆さんにご協力いただきました。

  パルシステム東京では、今後も産地交流を通じて、産地と組合員の思いをつなげていきます。

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿