1. ホーム
  2. 私たちの社会活動
  3. さんちょくの~と
  4. ブログ
  5. JA山形おきたまの記事一覧
  6. 山形おきたまde秋を満喫しよう!~つや姫の収穫体験&伝統のいも煮~

さんちょくの~と(産直農都)

山形おきたまde秋を満喫しよう!~つや姫の収穫体験&伝統のいも煮~

こんにちは! ナカツカです。

10月5~6日に行なった「山形おきたまde秋を満喫しよう!~つや姫の収穫体験&伝統のいも煮~」をレポートします。組合員4家族8名+お友達1家族2名の合計5家族10名で参加してきました。

1日目

フラワー長井線「方言ガイド」

P1080608.JPG

夏に引き続き、車内では車掌さんの山形弁での「方言ガイド」が行なわれました。時期的に普段は1両編成での運行なのだそうですが、今回私達のために2両編成にしていただきました! この列車に乗って地元の方の温かさに触れると山形の旅のスタートを実感します。楽しいガイドありがとうございました!

つや姫の田んぼで稲刈り&くいかけ

P1080612.JPG P1080615.JPG

夏に草取りでお邪魔した「つや姫」の田んぼでJA山形おきたまと生産者の方にお出迎えいただきました。今回もお世話になります。まずは田んぼに刺してある札のレクチャー。生産者名や作柄、面積などが書かれており、この田んぼの「つや姫」が責任を持って安全に作られていることを示してるそうです。次にこの田んぼの生産者、斉藤さんの稲刈り指導。鎌は鋭いので気をつけて稲刈りスタートです。

P1080625.JPG P1080622.JPG

鎌での稲刈りは大変ですが、かえるやイナゴがいっぱい出てきて子供たちは大喜び!

P1080631.JPG P1080638.JPG

途中、休憩でご用意いただいた「イナゴの佃煮」。参加者はみんな初体験でした。他にも玉こんにゃく、ぶどう、トマトなどご用意いただきました。ご馳走様です。残りあと少し。がんばろう~

P1080647.JPG P1080655.JPG

昔ながらの「くいかけ」という稲の干し方です。今年の「つや姫」は出来がとても良いそうで、食べるのが楽しみ~。みなさんお疲れ様でした。

収穫が終わるとお祝いの「餅つき」

P1080657.JPG P1080669.JPG

お正月に限らず、山形の農家の方はお祝い事毎に餅つきをするそうです。つく前のもち米をつまみ食い。餅つきならではの光景ですね。出来上がったお餅は懇親会で美味しく頂きました。

 

2日目

籾摺り体験

P1080676.JPG P1080686.JPG

生産者工藤さんのご自宅にある施設を見学させていただきました。どのようにして籾殻を取って玄米にするのかを説明していただいている時に、子供たちの「やってみて~」の声に快く応じて頂きスイッチオン! どんどん玄米が出来上がっていき30kg入る袋がすぐに一杯になっていきます。お米ってこうやって出来ていくんですね~

奥さまに「ずんだ」と「玉こんにゃく」をご用意頂き美味しくいただきました。ありがとうございました。

いも煮会

P1080699.JPG P1080701.JPG P1080706.JPG

二日目の昼食は新米の「つや姫」をみんなで握ったおむすびといも煮会です。野外で食べる山形の秋の味覚はどれも格別でした。

生産者の皆様、JA山形おきたまの皆様、色々ご準備いただきまして本当にありがとうございました。

(ナカツカ)

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿