お知らせ

震災復興支援基金「パル未来花基金」2022年度助成グループ募集

2021.11.29

3.11被災者を忘れない。明るい未来を信じ、新しい花を咲かせる為に…

震災復興支援基金「パル未来花基金」は、パルシステム東京組合員が商品やサービスを利用することでうまれた剰余金をもとに、組合員の東日本大震災復興支援活動を資金面で支援するしくみです。

 

パルシステム東京は、今年も組合員の復興支援活動を応援するため、助成グループを募集します。支援活動の継続や、活動を広げるために、基金を活用しませんか?助成を希望される方は、以下をご確認の上、申請をお願いいたします。

募集要項

■公募期間:2021年12月1日(水)~2022年1月21日(金)到着分まで

 

■対象グループ:パルシステム東京組合員を代表とする3名以上のグループ

※他団体の助成制度との併用可。ただし、パルシステム東京「組合員活動費」及び「市民活動助成基金」との併用は不可。

 

■助 成 額:最大30万円/1グループ (少額から申請可能)

※2020年度から助成額の上限が変更になりました。ご注意ください。

 

■助成対象の活動

・2022年4月1日~2023年3月31日に実施する支援活動

・東日本大震災の被災地・被災者を対象に、その生活等の復興に寄与することや被災者の自立を応援することを前提とした支援活動

 

■選考方法:パルシステム東京理事会のもとに設置された「パルシステム東京復興支援委員会」が選考

 

■申込方法:所定の申請書を電子メールで提出(申請は1グループにつき1回/年まで)

 

■申込先電子メール:

mail: palsystem-seisaku@pal.or.jp

 

※宅ファイル便等外部ファイルストレージ経由では一切受付できません。

※できるだけPDF形式に変換して、PDF形式で送信してください。

※一度に送れない場合は、複数回に分けてお送りください。


過去の活動のご紹介(2019年度助成グループの活動)

星空キッズツアー

星空キッズツアー

夏休みの2泊3日を清里で、自然の中でのびのびと遊んでほしいと2011年に企画を始めました。食べ物も、できるだけ安全安心な食べ物を、心配なくみんなで楽しく食べることを考えて、カレー作りや朝食づくりなども取り入れています。現地で子ども向けに活動している団体等に協力してもらって、プログラムを組んでいます。牧場など広い草原で走り回ったり、アスレチックで遊んだり、動物と触れ合ったり、川で遊んだり、自然観察・星空観察などを行っています。

いっしょに!東北

いっしょに!東北

被災地では、地域コミュニティが崩れ、住民たちも孤独に暮らしている例が多くみられます。そのような現状から地域の人たちが顔を合わせる機会を作り、イベントやものづくりを通して交流し、地域が元気になり、コミュニティ形成にも役立ことを目的にこの活動を始めました。

はちみつ會

はちみつ會

2011年の福島原発事故により、福島県内を中心に放射能物質が拡散され、自然環境が破壊された。子どもの健康面に不安を感じた多くの大人たちは、住むところや食事、遊ぶ場所に配慮し、県外に避難した家族も大勢いた。東京でも不安を感じた母親たちと一緒に市民測定室を立ち上げる中で、保養の重要性に気づき、2013年に仲間たち数人と立ち上げ、以後、1年に2回、60人近くの福島の家族を町田市の保養施設に宿泊してもらい、親子共にリフレッシュできる時間を一緒に創っています。

その他のグループの活動報告は、こちらから