1. ホーム
  2. 生協からのお知らせ
  3. リデュース・リサイクルを促進するための請願署名1万5121筆を衆参両議院長宛に提出しました。
生協からのお知らせ

リデュース・リサイクルを促進するための請願署名1万5121筆を衆参両議院長宛に提出しました。

2011年06月07日

パルシステム東京では、資源循環型社会への転換をめざし、商品における容器包装のリユース・リサイクルの推進などを進めています。その取り組みの一環として、2010年11月~2011年2月の期間、リデュース・リユースを促進するための仕組みづくりを求め、「容器包装リサイクル法を見直し、発生抑制と再使用を促進するための仕組みの検討を求める請願」の署名活動に取り組みました。
組合員から寄せられた1万5,121筆の署名は、6月2日に社民党・中島隆利衆議院議員を通じて7,115筆分を衆議院議長へ、6月6日に社民党党首・福島みずほ参議院議員を通じて8,006筆分を参議院議長へ提出しました。

請願事項
1)容器包装リサイクル法の役割分担を見直し、分別収集・選別保管の費用負担のあり方を検討する。
2)リデュース(発生抑制)、リユース(再使用)を促進するため、次のような様々な課題への対応について検討する。
  ①レジ袋など使い捨て容器の発生を抑制し、リユース容器の普及を促す。
  ②容器包装リサイクル法の対象範囲を拡大する。
3)製品プラスチックのリサイクルを進める仕組みのあり方について検討する。

パルシステム東京では今後も、一日も早く持続可能な資源循環型社会を実現するための取り組みを、事業と運動の両面で進めてまいります。

shugiin.jpg
パルシステム東京環境政策担当平川理事から、中島隆利議員へ(署名用紙の受取は、政策担当秘書の伊藤さんが代行)

sangiin.jpg
パルシステム東京吉森理事長から、福島みずほ議員へ

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿