1. ホーム
  2. 生協からのお知らせ
  3. 被災地支援「つながり・ぬくもりプロジェクト」へ、カンパ金260万円を贈呈しました
生協からのお知らせ

被災地支援「つながり・ぬくもりプロジェクト」へ、カンパ金260万円を贈呈しました

2012年02月13日

2月10日、パルシステム東京では、太陽光・太陽熱・バイオマスの3つの自然エネルギー施設を設置して、被災地にエネルギー支援を行うための活動に取り組んでいる「つながり・ぬくもりプロジェクト」にカンパ金2,687,950円を贈呈します。 宮城県や岩手県で「つながり・ぬくもりプロジェクト」が設置した太陽光パネルは、防災無線の電源や通学路の街灯、灯台の代わりとなる港の灯りとして活用されています。また、太陽熱での支援では、太陽熱給湯器を設置し、お風呂や炊事で活用されており、被災者の光熱費の負担軽減にもつながります。バイオマスでの支援では、木質ペレットや被災地の瓦礫の中から有害物質を出さない廃材を使った薪ストーブや、移動薪ボイラー車によるお風呂の提供を行いました。 パルシステム東京では、「つながり・ぬくもりプロジェクト」は、原発に頼らない再生可能な自然エネルギーの普及にもつながることから、2011年9月19日~11月18日の期間、組合員に応援カンパを呼び掛け、総額2,68,7950円のカンパ金を集めることができました。 被災地の復興には、まだまだ支援が必要です。「つながり・ぬくもりプロジェクト」でも引き続き被災地に自然エネルギー施設を設置するための活動支援を必要としていることから、パルシステム東京ではプロジェクトからの活動資金援助の要請に応え、マッチングギフトとして組合員カンパ金と同額の支援金を贈呈します。 パルシステム東京では、今後も独自の活動とあわせ、他団体とも連携しながら被災地支援活動に取り組んでまいります。 *マッチングギフト解説  寄附や義援金を募る際、集まった金額に対して企業や団体などが一定比率の額を上乗せし、寄附金額を増やして寄附する制度のこと。近年、企業が従業員の募金活動を金銭的にサポートするしくみとして導入するケースが増えており、企業や団体などが従業員からの寄附金と同額(上乗せ率100%)を上乗せして、支援に厚みを持たせる形が多くとられています。

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿