1. ホーム
  2. 生協からのお知らせ
  3. 助成総額500万円 -2014年度 市民活動助成基金の助成団体を募集開始します
生協からのお知らせ

助成総額500万円 -2014年度 市民活動助成基金の助成団体を募集開始します

2014年6月26日

報道関係者各位

生活協同組合パルシステム東京

 

助成総額500万円

2014年度 市民活動助成基金の助成団体を募集開始します

 

  生活協同組合パルシステム東京は、7月1日(火)から31日(木)の期間に、「2014年度市民活動助成基金」の助成団体の募集を行ないます。

  本基金は、生活協同組合パルシステム東京と市民活動とのネットワークを広げることを通じて、よりよい地域社会作りに貢献することを目的としています。毎年の剰余金から積み立てた積立金を原資とし、1998年から2013年までに、延べ182団体、総額約7,342万円を助成してきました。

 

パルシステム東京の市民活動助成基金の特徴

1.協同組合による助成金制度ですが、「公助」の考えに基づき、申請団体にパルシステム東京の組合員の在籍の有無を問いません。

2.助成金の使途の制限が少なく、市民団体の立ち上げや、活動の強化を支援することも目的としているため、運営費(事務所費用など)や人件費などにも利用できます。

3.助成団体は、イベントなどの広報にパルシステム東京の広報媒体を利用することができ、パルシステム東京組合員を中心に、活動をアピールすることができます。

4.助成だけにとどまらない協力や連帯の関係づくりを目指しています。そのため、運営委員による訪問や、組合員、一般参加者を対象にした成果報告会を開催し、継続的な交流の可能性や、団体同士のむすびつき、組合員等への活動のアピールを重視しています。

 

<募集要項>

助成対象団体

1.東京都を主たる活動エリアとし、活動している団体又は活動を予定している団体であること。

2.団体の規模及び法人格の有無は問いません。但し、営利団体、宗教団体、趣味等に関する団体及び政治団体は除きます。

対象事業

2014年4月1日~2015年3月31日までの事業活動

助成金額       

助成総額は500万円 (申請助成額には上限50万円、10万円の2つのコース)

募集期間

2014年7月1日(火)~ 2014年7月31日(木)17時必着

申請方法

パルシステム東京ホームページ等から所定の申請書を取寄せ、郵送で提出

選考及び通知

募集締切後、パルシステム東京理事会のもとに設置されている「市民活動助成基金運営委員会」で選考・決定。申請団体へは、9月下旬に書面で通知。

 

<助成事例>

助成団体:外国人学校ドキュメンタリー上映会連絡協議会

助成概要:2010年度助成団体。外国人学校を題材としたドキュメンタリー映画の上映・制作を通して、日本にある外国人学校の理解を深め制度的な保障を目指すために活動しています。現役大学生を中心に構成され、助成金でブラジル学校のドキュメンタリー映画を制作しました。今後は上映方法を充実させ、多くの方にブラジル人学校の現状を知らせていく動きをつくる予定です。

 

2014年度市民活動助成基金の説明会と、2013年度助成団体からの報告会を開催します

■開催日:7月1日(火)

■会 場:パルシステム東京新宿本部2F 第1会議室(新宿区大久保2-2-6ラクアス東新宿)

        (交通:都営大江戸線、副都心線「東新宿駅」下車徒歩6分、JR「新大久保駅」下車徒歩10分)

■スケジュール:

10:00~11:30 「2014年度市民活動助成基金説明会」

        制度と申請についての説明と質疑応答を行ないます。

13:00~16:00 「2013年度助成団体成果報告会」

        12団体から、団体の活動紹介、助成金の使途、成果について報告をいただきます。

■報告予定団体

1.上限50万円コース:10団体 4,548,650円

団体名

助成金額

団体所在地

活動内容

八王子市民放射能測定室(ハカルワカル広場)

500,000円

八王子市

子どもを内部被曝から守る目的で、市民の寄付により食品・土壌の放射能測定室を設立、測定結果を公表しつつ社会に問題提起を行い、不安を抱える市民の交流の場を作っている。助成事業は線量計を購入して「親子放射能測定体験会」を開催し、小冊子を作成する。

NPO法人さんきゅうハウス

500,000円

立川市

様々な事情から生活に困窮している人々に対する伴走型支援と、その場所づくりを運営し、地域での食事会、イベントや生活保護申請サポート等を行う。助成事業では、自治体等への同行をとおした自立支援とともに、拠点で開設するコミュニティカフェの運営費用に活用する。

NPO法人JFCネットワーク

500,000円

新宿区

出稼ぎに来たフィリピン人女性と日本人男性のもとに生まれた子どもが抱える人権問題に対して、法的支援活動や政府へのロビー活動、カウンセリング、自立支援プログラム等を運営する。助成事業ではフィリピン日系人家族に対してのインタビュー調査を行い報告書の作成、シンポジウムを開催する。

NPO法人青少年の居場所Kiitos(キートス)

500,000円

調布市

子どもや不登校等を経験した若者たちが安心して自立するための手助けを行い、食を中心とした居場所を提供し、就労支援等を含めたトータルに支援する。助成事業では、現在手狭となっている居場所から、新たな拠点を見つけていくための家賃を補助する。

びよんどネット

500,000円

三鷹市

武蔵野・三鷹地域で、野宿者・失業者など社会から排除されつつある人々と共に助け合う社会づくりを目指し、食料品等の提供、法律相談、就労支援等の活動を行う。助成事業では現拠点のシャワーや洗濯機の無料使用、活動を継続・発展するための家賃等補助、そして学習会講師料を対象とする。

福島こども支援・八王子

500,000円

八王子市

東日本大震災以降、市民講座での学習活動を継続する中で設立されたグループで、原発事故後被災地域に居住する子どもたちへの保養提供、市民への学習機会の提供を行う。事業では、年度内に2回行う保養提供のための必要経費および学習会の講師謝礼の一部を助成する。

反貧困ネットワーク

500,000円

文京区

人間らしい生活と労働を保障、貧困問題を社会的・政治的に解決することを目的に垣根を越えたネットワークとして結成し学習会等の活動を展開している。事業では貧困の実態を描いた映画の連続上映会(「反貧困映画祭」)とそれに関わる講師料等の一部を助成する。

NPO法人国障連喫茶

256,500円

国分寺市       

障害者の働く場として喫茶店2店舗を運営し、ここでは東京都の最低賃金額を払えるよう努力し、茶話会やコンサートを通じて地域に積極的に参加している。助成事業では、昨年度に引き続き職員が使用している献立をレシピ化し、メニューのバリエーションを増やすための試作会・レシピ本作成を行う。

ニバルレキレ~Iam special!~

500,000円

世田谷区

アフリカとエイズ問題を理解するためのワークショップを国内で開催し南アフリカ共和国でHIV陽性者の自助グループ運営とケアを行う。この活動を活かして、東京で震災による広域避難者の居場所を運営する上での家賃の一部および専門職によるカウンセリングのための謝礼の一部を主に助成する。

ユースコミュニティー

292,150円

大田区

経済的に塾通いが困難な子どもたちに対して、居場所づくりを兼ねた基礎学力獲得を目的とする学習教室を、大田区との協働事業で開催する団体。助成事業では、新たに開始する思春期の子どもを持つ保護者を対象とした、LINEを活用した相談事業「ペアレントライン」開始のための機材を購入する。

 

2.上限10万円コース:2団体 199,000円

団体名

助成金額

団体所在地

活動内容

NPO法人ひまわりProject Team

99,000円

新宿区

養護学校の保護者有志が立ちあげ、重症心身障害児者の放課後活動、卒後の通所工房施設、在宅学習支援を行う。助成事業では障害児に関わる介護者支援と介護者自身のスキルアップの観点から、リハビリメイクを実施する。

市民のエネルギーひろば・ねりま

100,000円

練馬区

原発再稼働の是非を問う「原発都民投票」の活動に参加した練馬区民を中心にグループとして設立し情報交換や学習会を開始している。助成事業では市民がつくるエネルギー政策、と題した連続学習会を開催しその成果をブックレットを発行する。

 

【この記事に関する問合せ先・ご取材申込み】

生活協同組合パルシステム東京 広報室担当: 石川

〒169-8526 東京都新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿7F

TEL: 03-6233-7610 (月~金/9:00~17:30)

FAX: 03-4570-5699

E-mail: palsystem-tokyo@pal.or.jp

URL: http://www.palsystem-tokyo.coop/

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿