1. ホーム
  2. 生協からのお知らせ
  3. 生協の再生可能エネルギー転換への挑戦! グリーン新電力事業・設立一周年記念シンポジウムを開催します
生協からのお知らせ

生協の再生可能エネルギー転換への挑戦! グリーン新電力事業・設立一周年記念シンポジウムを開催します

2014年04月09日

報道関係者各位

生活協同組合パルシステム東京

 

生協の再生可能エネルギー転換への挑戦!

グリーン新電力事業・設立一周年記念シンポジウムを開催します

 

4月12日(土)、パルシステム東京は、子会社「株式会社うなかみの大地」の新電力事業の設立一周年を記念してシンポジウムを開催します。 

当生協では、2013年4月から配送センターなど、16事業所で使用する電力を再生可能エネルギーに切り替え、その後もパルシステムグループの会員生協、子会社への供給を通じて、再生可能エネルギーの普及に取り組んでまいりました。また、「電力の自由化」を見越し、再生可能エネルギーの購入を希望する組合員への電力供給を視野に入れた電源確保に努めています。

今回のシンポジウムでは、有識者と再生可能エネルギー発電事業者を招き、2016年の電力自由化、2018~2020年に実施が見込まれている「発送電分離」など、これからの電気事業に関する動きが、本当に地域分散型の再生可能エネルギーの拡大に寄与する仕組みとなるかどうか、また、地域に利益が分配される構造を持っているかどうか、公平で透明性のある送電システムはどのように構築されるべきかなどについての理解を深め、未来の日本のエネルギーのあり方を考えていきます。

皆さまには、広くご紹介をお願い申し上げますとともに、ぜひご取材にお越しくださいますようお願いいたします。

 

・開催日時:2014年4月12日(土) 10:00~13:00

・会      場 :パルシステム東京  新宿本部2F第1会議室(東京都新宿区大久保2-2-6ラクアス東新宿)

                (アクセス:東京メトロ副都心線、都営地下鉄大江戸線「東新宿駅」下車、徒歩5分)

・プログラム:

  基調講演「再生可能エネルギーとエネルギー自治」~市民が電気を選べる社会をつくるために~

          講師:諸富   徹 氏  (京都大学大学院経済学研究科)

  パネルディスカッション

          テーマ「地域分散型のエネルギーは、地域間連携の力から」

          パネラー:工藤   誠一 氏  (山形県野川土地改良区)

                  吉澤   繁樹 氏  (那須野ヶ原土地改良区連合)

                  谷口   信雄 氏  (再生可能エネルギーアドバイザー・元東京都環境局職員)

                  佐藤   功一  (パルシステム東京 専務理事)

 

      ※山形県野川土地改良区・那須野ヶ原土地改良区連合は、うなかみの大地に小水力発電による電力を供給している事業者。

 

・主      催:生活協同組合パルシステム東京

・共      催:株式会社うなかみの大地

 

【この記事に関する問合せ先・ご取材申込み】
生活協同組合パルシステム東京 広報室担当:  石川
〒169-8526  東京都新宿区大久保2-2-6  ラクアス東新宿7F
TEL:  03-6233-7610 (月~金/9:00~17:30)
FAX:  03-4570-5699
E-mail:  palsystem-tokyo@pal.or.jp
URL:  http://www.palsystem-tokyo.coop/

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿