1. ホーム
  2. 私たちの社会活動
  3. 平和
  4. 2009 年度平和カンパ使途報告~パレスチナ子どものキャンペーン~
平和

2009 年度平和カンパ使途報告~パレスチナ子どものキャンペーン~

2010年06月30日

ガザ 戦争から1年、封鎖から1000日

パレスチナのガザ地区

2008年12月末から3週間の攻撃によって、パレスチナのガザ地区では1300人以上の犠牲者、2万人以上が家を失いました。 1年たった今もガザの状況はほとんど変化していません。町には60万トンといわれる瓦礫が取り残され、封鎖によって建設資材や燃料が入らないため、復興は一向に進んでいません。 毎日20時間近い停電、多くの人が失業し、人口の8割が援助物資に頼る生活をしています 生活を支えるため、学校に行かずに廃品回収に従事する子どもが増えています。

ガザでの越冬支援

その1 破壊された診療所、幼稚園、障害者施設などの窓ガラス修復

ガザ地区の子ども

その2 障害者のいる貧困世帯300家族への食料配布

10人家族10日分の野菜、卵、チーズ、オリーブ油など地元の農家から、農産物を買い上げることで、経済の活性化にも貢献しています。 封鎖や戦争があっても、子どもたちが飢えることがないよう、安全な地元産の食糧確保をめざして「種子バンク」も始めました。

その3 ガザで流行し始めた「新型インフルエンザ」予防のために地域の子どもたちとその家族への働きかけ

その4 貧困家庭の子どもたち400人に靴と衣類の提供

子どもたち400人に靴と衣類の提供

パルシステムの皆さまのご支援で越冬支援が実施できました。

ご協力に心から感謝申し上げます。

パレスチナ子どものキャンペーン   URL: http://ccp-ngo.jp/

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿