いなぎめぐみの里山.png

駅からてくてく、楽らくアクセス♪

ふだん着で、お子さん連れで

ふらっと気軽に里山へ


inagi-satoyama_MV.jpg


inagi-satoyama_msg.png
inagi-KOKOCARA-banner.jpg



めぐみ豊かな里山へようこそ!

どんなイベントがあるの?

inagi-satoyama_1-01.jpg

年間40以上の企画に、のべ3,000人以上が参加。里山の自然やさまざまなイベントを満喫しています。

inagi-satoyama_1-02.jpg

タケノコ掘り、ジャム作り、野菜の植え付けや収穫体験など、季節ごとの農業体験はご家族連れに大好評★

inagi-satoyama_1-03.jpg

竹林の整備活動を通して健康づくりを目指す企画「グリーンジム」も新たに始まっています!

※パルシステム東京は農作業体験などの企画運営、里山の保全・管理を「NPO法人いなぎ里山グリーンワーク」に業務委託しています。また、一部の企画は「認定NPO法人 JUON(樹恩) NETWORK」「一般社団法人日本ウオーキング協会」の協力のもと、コープ共済連健康づくり支援企画として実施しています。


組合員でなくても参加できますか?

一般参加OKや組合員同伴であればOKなど、企画によって異なります。詳しくは各企画の募集要項をご確認ください。

里山の近くに駐車場はありますか?

ありません。稲城駅周辺のコインパーキングもしくは公共交通機関(電車・バス)をご利用ください。

里山にトイレはありますか?

雨水を利用した和洋2つの簡易トイレがあります。また、水道はありませんので気になる方はウェットティッシュなどをご用意ください。

map.JPG

アクセス情報

・京王相模原線「稲城駅」下車徒歩15分 (案内図PDF

里山でのイベントを探そう!





inagi-satoyama_MV2.jpg

「いなぎめぐみの里山」とは?

inagi-satoyama_image.JPG

都市と自然をつなぐ

「いなぎめぐみの里山」は、生活協同組合パルシステム東京が「農と緑の創生」をキーワードに、地域社会との交流も含め、生協組合員が参加できる「場(農と里山体験ゾーン)」として2004年に開設しました。年間約3000人の組合員が40以上の企画に参加しています。2018年3月には、所有する土地のうち約21haの山林が稲城市の「自然環境保全地域」に指定されました。


里山とは?

ひと言で言えば「里にある森(緑)」という意味。
「里」というのは、自然に対して「人の住むところ」、都市に対する「田舎」のことで、ここでは「自然(人がいないところ)と都市との中間に位置する空間」のことを指します。そして「里山」の「山」は「森林」を指します。

開設に至る経緯と目標

稲城市にある「いなぎめぐみの里山」は、約40年ぶりに人の手が入れられました。
「生活協同組合パルシステム東京食と農事業化計画(案)02~04年度」に掲げる「東京ないし近郊での『環境や食の安全配慮の参加型農園』と参加のネットワーク化」の具体化として「都市近郊の地域循環・参加型農園」の一つとして取り組んでいます。
農作業の体験や作物生産や癒しの空間として、たくさんの人とのつながりのもと、都市農業新興の新しい姿を追求します。

  1. 1.

    農と緑の里山体験ゾーンへの参加を通じ、組合員が「農と緑や環境・自然」を体験し、新しいくらし方の学びをひろげます。

  2. 2.

    家族ぐるみの参加に光をあて、新たな組合員参加を広げます。

  3. 3.

    里山活動を通して、地域社会(稲城市民や市内農業者)との交流・環境保全・地域循環の大切さをひろげ、循環型の地域活性化と生活協同組合パルシステム東京の認知向上をはかります。

  4. 4.

    新たな事業創出の可能性を追求します。

里山でのイベントを探そう!