家族に食べさせたい安全・安心な「食」で”ほんもの”を実感しています。

家族に食べさせたい安全・安心な「食」で”ほんもの”を実感しています。

※実際に寄せられた組合員の声などをもとに再構成しています。

A.Aさん/37歳

A.Aさん/37歳

 

家族構成:夫婦、長女(年長)、次女(年少)

生協加入のきっかけ:テレビCM

テレビCMをご覧になったのがパルシステムご利用開始のきっかけだったとお聞きしました。

テレビCMをご覧になったのがパルシステムご利用開始のきっかけだったとお聞きしました。

「食べたものは体になっていくから」という、とてもシンプルで印象的なフレーズが刺さりました。元々食べることは大好きでしたが、1,000円で試せる「有機野菜おためしセット」を注文して人参を生食したら、子どもたちにも好評だったので、「おためし」感覚で加入を決めました。

ご家族でおいしさを実感されたんですね。その後、食選びにも変化がありましたか?

ご家族でおいしさを実感されたんですね。その後、食選びにも変化がありましたか?

毎週届くカタログを眺めていると、生産者やメーカーの方の顔と合わせてアツいコメントが掲載されているんです!

たとえばトマト一つとっても、収穫ギリギリまで樹で熟させるからおいしいんだとか、病気に強い元気な根っこを育てるために土づくりにこだわっているとか、少し読むだけでもすっかりファンになっちゃいます。…とはいえ、毎号必ずちゃんと読めてるというわけでもないんですけどね。

ただ、有機野菜以外であっても、化学合成農薬や化学肥料に頼らない栽培方法はどの野菜でも追求されているんだなぁと安心しました。以前の買い物では正直ここまで生産の裏側に思いを馳せたことはありませんでした。

大切に育てられた野菜と思うほど、ムダなく味わって食べたくなりますよね。

大切に育てられた野菜と思うほど、ムダなく味わって食べたくなりますよね。

じつは始めてすぐの頃は注文するのが楽しくて、ついつい買い過ぎて冷蔵庫に入らないなんてこともあって。しかも白菜(小玉)とか書いてあっても、意外と大きかったりして。そんなときにも使い切りレシピにはお世話になっています。機関誌「わいわい」での食材使い切り特集も保存版として冷蔵庫の横に貼ってありますよ。
「食」や「農」を大事にするパルシステムの姿勢は色んな情報媒体から感じられますが、わかりやすくまとめられた記事があると改めて勉強になりますね。

「食の安全」を追求する上で、学び続けること、関心を持ち続けることは大事ですね。

「食の安全」を追求する上で、学び続けること、関心を持ち続けることは大事ですね。

「わいわい」のほかにも「食べものナビゲーター」というチラシでもマンガなどでわかりやすく食の最新情報が掲載されているのを時々読んでます。

最近は「ゲノム編集食品」なども話題になりましたが、新聞やテレビで得る情報とは違う切り口で、まだ不安な技術であることなどがわかり、先日の署名活動にも微力ながら協力させていただきました。

なかなか一人では辿り着けない情報も生協を通じて提供いただけることには感謝です。これからもよろしくお願いいたします。