基本情報

【企画終了しました】#未来へつなげ2030 オンライン学習会「出口の見えない難民問題の今」

パレスチナとイスラエルの紛争やミャンマーのクーデターなどにより、市民の日常が奪われ、家にも帰れずに行き場を失った人々が今も後を絶ちません。

この10年で急増し、8,000万人*を超えた「世界の難民」について、まずは知ることから始めてみませんか?

難民支援に携わるNGO3団体を講師に迎え、学生から大人までわかりやすくお話しいただきます。

 

*今年6月発表のUNHCR年間統計報告書「Global Trends 2020」によると、紛争、迫害、そして人道危機から逃れてきた人は82,381,000人(全人類の約1%)となり、故郷を追われた人の約42%が18歳未満の子どもです。

 

[タイムスケジュール(予定)]

15:00~ ごあいさつ
15:05~

世界の難民について

天沼 耕平 氏(国連UNHCR協会)

15:20~

パレスチナ(ガザ地区)での活動報告

中村 哲也 氏(パレスチナ子どものキャンペーン )

15:35~

タイ国境(難民キャンプ)での活動報告

菊池 礼乃 氏(シャンティ国際ボランティア会 )

15:50~

学生を交えたフリートーク、質疑応答

協力:youth × UNHCR for Refugees所属の学生の皆さん

16:25~ まとめ

出口の見えない難民問題の今

 

  2021年7月23日(金・祝) 15:00 ~ 16:30
  ご自宅(Zoomを使用したオンライン開催)
■ ファシリテーター: 天沼 耕平 氏(国連UNHCR協会)
■ パネリスト: 中村 哲也 氏(パレスチナ子どものキャンペーン)、菊池 礼乃 氏(シャンティ国際ボランティア会)
■ 参加費: 無料
■ 定 員: 300名 
■ 申込締切:7月23日(金・祝)15時00分  ※定員300名に達した時点で受付終了。
 本企画の配信は終了しました。なお、本企画のアーカイブ配信はありません。ご了承ください。

 

オンラインツール「Zoom」について

本イベントはZOOMミーティング(参加者がビデオ・マイクを使う)によるオンライン企画です。お持ちのデバイス(PC、タブレット、スマートフォン)に加え、LANまたはWi-Fi環境が必須となります。

・5G、4G等の携帯電波での視聴は、データ通信料が膨大となることや通信状況の不安定さから推奨しません。

・データ通信料は契約形態により異なります。詳しくはご契約の携帯電話各社までお問い合わせください。

・録音・録画・撮影等はご遠慮ください。

・資料の全部または一部の転載、改変などの二次的利用、参加者以外への配布、SNS等への投稿はお控えください。

・登録後、「no-reply@zoom.us」より自動返信メールが届きます。メールが届かない場合は、Zoomからのメールが受信できるようにドメイン指定受信で「zoom.us」を許可するように設定してください。

・不適切な発言・音声・画像等で発表や質疑応答を著しく妨げた場合、退室をしていただく場合がございます。

・事情がある場合は、途中で退室していただいても構いません。

 

・ご記入された個人情報等は以下の目的にのみ利用します。
 ・イベント参加申し込みに関する情報をお送りするため
 ・入力内容結果の送付のため

・その他、個人情報の取り扱いについては当組合の個人情報保護方針に準拠します。

■ 生活協同組合パルシステム東京 個人情報保護方針

お名前を入力する際、「名」欄(必須)に苗字、「姓」欄に名前で入力してください。

( 例:名=生協、姓=太郎  →  表示名=”生協 太郎”  ※Zoomは国際表記のため、姓名が逆に表示されます。

ペンネームご希望の場合は、「名」欄(必須)のみに入力してください

Q & A