1. ホーム
  2. 私たちの社会活動
  3. 環境
  4. 生物多様性保全みんなのページ

環境

生物多様性保全みんなのページ 生物多様性保全に関する情報、組合員さんや連携団体からの投稿や写真などをご紹介

        <生き物モニタリング調査  関連リンク>


        東京の5科86種のチョウについて種別にまとめた冊子(PDF)         組合員が集めたチョウの調査データを分かりやすく公開しています。         調査員の方はこちらから入力フォームに入れます。


戸山公園のチョウの木「コナラ」の最後

2011年10月10日

【 調査員番号 0279 】 晴れ 晴れ

帰り道に戸山公園でチョウを追いかける日々でした。

というのも、公園のちょっと上ったところにあるコナラの木に

いつもチョウが晩餐に群がりヤブ蚊にさされながらもそれを見るの

が楽しみでした。

台風  台風  台風  雨 雨
21日の台風15号の影響はどうだったかと心配でしたが

23日いつも上っていく階段は通行止めとなっていました。

Uni_6308



下のほうには大木が倒れていていつものところへはいけません。

下から見上げてもわかりません。

もしかしたら倒れているのではと心配でした。

26日に通行止めも解除されて近くまで行くことができました。

あまりのショックに写真を撮ることもできず、

そこに立ちすくんでしまいました。

写真は翌日やっと撮りました。

どんな風な最期だったか想像できませんが

地面に近い切株になっていました。

そばを通りがかった人には変なオバサンがうなだれ

新しい切株の前でじっとしてて・・と思われたかもしれません。

チョウに樹液を吸わせてくれていたコナラの最期を

どなたかにお伝えしたくてメールしました。

Uni_6307

Uni_6316









サナギになるまでパセリつかいません!?

2011年10月06日

【 調査員番号 0287 】

我が家のベランダの西洋パセリにキアゲハの幼虫がいました。

育つまでに十分な量か気掛かりで、蛹になるまで料理には

使えません。知人の家のパセリにも4匹の幼虫がいたそうですが

足りなくなって買ってきたパセリを与えたけれど、食べずに餓死

してしまったそうです。

ミツバに産卵中のキアゲハ(自宅近くの畑)

Dscf1974

 オオベンケイソウの花を吸蜜中のキアゲハ(東京都薬用植物園)

Dscf2192

 

西洋パセリにキアゲハの幼虫(自宅ベランダ)

Dscf2352



                        

ルリタテハの産卵

2011年09月26日

【調査員番号 0287】

玉川上水をモニタリングのフィールドにしていますが

多摩湖サイクリングロードから野火止用水を歩いてみました。

用水沿いの東京都薬用植物園でルリタテハの産卵と思われる行動を

見かけましたので写真をお送りします。

花の終わったオニユリに何度もルリタテハが飛来しました。

ルリタテハの食草はサルトリイバラと思っていましたが図鑑で調べた

ところオニユリも食草の一つと記されていたので産卵のためと思います。

DSCF2213、2240、2247

Dscf2213_2

Dscf2240

Dscf2247

再度出かけて見ました。

オニユリの葉の上に水滴のように小さく光るものがあり、

写真に撮りました。

ルリタテハの卵の殻のようでが、幼虫は見あたりませんでした。

DSCF2339

Dscf2339



           

バッタのすむ ススキ原をまもる!!   追加募集

2011年09月13日

2011年度パルシステム東京生物多様性保全取り組み  ふらふらあせあせ(飛び散る汗) 

    ~侵略的外来種の駆除~

                     晴れ

セイタカアワダチソウの抜き取りとバッタ調べの追加募集をします。

参加ご希望の方はikimoni@gmail.com または 

036233-7238環境推進室 守屋まで

お申し込み下さい。

もしかしたらヤキイモもできるかも・・・・・?

          

開 催 日 :9 月 17 日(土) 10:00~14:30 

集合時間 :9:50(9:30受付開始) *パルシステム東京こんせんくんガイド旗が目印です。

集合場所 :光が丘公園 バードサンクチュアリ前の広場 

持 ち 物 :お弁当(雨天の場合は不要)、飲み物、帽子、雨具、敷物、軍手、

        筆記用具、タオル  ※あると便利なものとして、ムシメガネ、デジカメ
●服装    :うすでの長袖、長ズボン(虫さされや、すすきの葉などの傷を予防)
講  師  :佐藤方博氏〔NPO生態工房〕

 参 加 費 :無料
主  催  :生活協同組合パルシステム東京
共  催  :NPO法人 生態工房

 タイムスケジュール

9:30 受付開始
10:00 開会のあいさつ
10:10 原っぱの現地を見学しながら、保全活動の紹介(野外へパネルを持ち歩く)。
     途中、特徴的な植物や昆虫の観察と解説。
11:20 バッタ調査
     方法を説明して、バッタ取りを開始。30分程度、本気で(!)虫取りをする。
     最終結果をスタッフへ申告(記録)する。
     みんなが捕ったバッタを虫かごに入れて並べ、光が丘公園のバッタの特徴を解説。

12:00 ~昼休み~
13:00 外来植物の抜き取り

  •  

      ※休みながらゆっくり行ないますので重労働ではありません。
      お子様にもできる作業です。

14:30 作業の成果を振り返り、終了 現地解散

※雨天の場合は佐藤氏を講師にバードサンクチュアリ内で学習会を行い12::00で終了解散となります のでお弁当は必要ありません。 お申し込みおまちしております。

090316_konsen_2



 

 

クロコノマチョウ

2011年09月07日

 【 調査員番号 1311 】 

クロコノマチョウ

Y821

ゴマダラチョウ

Y821_2

ゴマダラチョウ 2

Y821_3





アカボシゴマダラが増えているのに反して、ゴマダラチョウが減っているような
印象、でしたが、今年はなぜかゴマダラチョウもよくみられるとか・・。(事務局)

ページの一番上へ

生物多様性保全
みんなのページ・最近の記事
生物多様性保全
みんなのページ・記事カテゴリ
生物多様性保全
みんなのページ・年別一覧
環境に関する取り組み
私たちの社会活動
  • パルシステム東京モバイル
  • twitter @palsystem_tokyo フォローはこちらから
「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿