1. ホーム
  2. 私たちの社会活動
  3. 環境
  4. 生物多様性保全みんなのページ

環境

生物多様性保全みんなのページ 生物多様性保全に関する情報、組合員さんや連携団体からの投稿や写真などをご紹介

        <生き物モニタリング調査  関連リンク>


        東京の5科86種のチョウについて種別にまとめた冊子(PDF)         組合員が集めたチョウの調査データを分かりやすく公開しています。         調査員の方はこちらから入力フォームに入れます。


2012年度パルシステム東京生物多様性保全に取り組んでいます!!

2012年09月06日

[E:school] 東京大学・パルシステム東京協働プロジェクトも3年を経過し、

4年目、第2フェーズにはいったという段階です。

都合により、ブログのスタートが遅れたことをお詫びいたします。

生きモニも順調なスタートをきりました。

【5月12日(土)東京大学キャンパスでのキックオフ研修会】

P1020025

P1020037

P1020039

【5月19日(土)シャボン玉フォーラム第2分科会にて生きモニ3年間の軌跡を発表】

Img_2025

【8月9日宿題バッチリ!!夏休み子どもイキモニ】

P8090031

P8090026

「東京大学・パルシステム東京協働プロジェクト」

[E:annoy]生き物モニタリング調査 今年度の入力方法のお知らせ[E:annoy]

[E:flair]今年度から、調査員ひとりひとりにパスワードがつきます。[E:eye][E:sweat01]

パスワードと調査員番号を他の方に譲渡することはできません。

[E:flair]調査員のページに調査員番号・パスワードを入力すると入力画面が

開きます

[E:flair]今年からは名前は入力しません。調査員番号も最初だけの入力となり、

複数のデータを送る場合も、少し作業が軽減されるようになりました

[E:flair]今年度は「データを受け取りました」というメールは送信しません

調査員用のページクリック調査員番号パスワードを入力してログインし、

データが届いているかを、それぞれで確認して下さい。

データベースにアップロードされた段階で、同定・確認の結果もわかります。

また、各調査員からのチョウの種名のご質問はお断りしております。

[E:flair]データは基本的に月に2回お送りください。

ゆとりがあれば何回お送りいただいても結構です。

[E:flair]データは、東大研究室による同定・確認作業が済んだ順に、

アップロードされます。

アップロード前のデータは、間違い等をご自身でなおせますが、

アップロード後は調査員自身が直すことはできません。

 

問い合わせとご意見ご感想のメール投稿先は 

ikimoni@gmail.com

その他わからないことは下記まで電話で担当までご相談ください。

連絡先 生活協同組合パルシステム東京  

    環境推進室 生きモニ事務局  守屋 

    〒169-8527 東京都新宿区大久保2-2-6ラクアス東新宿

 ℡ 03-6233-7642

   

   

 

2011年度まとめ報告会が開かれました!!

2012年03月15日

3月10日(土)10:00~13:00

パルシステム東京東新宿本部会議室にて

2011年度まとめ報告会がかいさいされました。 

今年度は 72種 5219件 写真添付率86%の報告となりました。

今年度、新たに確認された種は、

アオバセセリ、ホソバセセリ、ウラナミアカシジミ、

ニドリシジミ、オオミドリシジミ、スギタニルリシジミ、

アサマイチモンジ、シータテハ、、ヤマキマダラヒカゲの9種でした。

特に、アサマイチモンジは絶滅危惧種で、

1990年代から記録がとだえていたものです。

今年はモニタリング調査が始まってから丸3年になり、、

毎月2回欠かさず報告を送ってくださった方、

3年間継続して、報告をお送りくださった方が

鷲谷教授から、賞状を授与されました。

P1010933



 

3月10日まとめ報告会のお知らせ!!

2012年02月21日

パルシステム東京は、3年にわたり「生き物モニタリング調査・外来植物の排除

・都市の緑の保全」の3つをテーマとして都市部でできる生物多様性保全の

取り組みとしてすすめております。

中心となっているのは、「東京大学・パルシステム東京協働プロジェクト」として

行なっている、「市民参加による生き物モニタリング調査」です。

今年度も、2011年5月22日の「国際生物多様性の日」からスタートし10月末まで

、組合員・役職員の調査員が、月2回、温暖化影響の指標となるチョウ

「ツマグロヒョウモン」を中心に、身の回りのチョウ一般のモニタリングを行い

ました。昨年の調査実績は、データベース化しインターネット上に一般公開し

ています。2011年度も約5120件の報告が寄せられました。今年度の調

査結果のまとめ・分析を東京大学農学生命科学研究科保全生態学研究室

からご報告頂きます。

下記をご確認のうえikimoni@gmail.comまでお申し込みのうえご参加さい。

講演    鷲谷いづみ 教授(東京大学農学生命科学研究科保全生態学研究室)

報告 須田 真一 氏 (東京大学農学生命科学研究科保全生態学研究室)

日 時 2012年3月10日(土)  10:00~13:00 

受付開始 9:30

会場   パルシステム東京 東新宿本部2階 会議室  

 参加費   無料

持ち物   筆記用具、マイカップ(お茶とお菓子の用意あり)

当日連絡  090-6106-4032この番号は当日の9:00~15:00のみ通信可能

問合せ先   生活協同組合パルシステム東京 

環境推進室Tel 03-6233-7238  

主催    

生活協同組合パルシステム東京 

東京大学農学生命科学研究科保全生態学研究室

東京大学生産技術研究所 喜連川研究室


スケジュール

9:30              受付開始

10:00~挨拶    パルシステム東京理事(予定)

10:03~講演      鷲谷いづみ教授

(東京大学農学生命科学研究科保全生態学研究室)

11:00~分析報告  須田真一 氏

 (東京大学農学生命科学研究科保全生態学研究室)

12:00~表彰式

12:10~交流会

13:00~終了挨拶  保全生態学研究室(予定)


お願い

・小さなお子様をお連れの方は、周りの方のご迷惑にならないよう

 ご配慮願います。

・機関紙「わいわい」の撮影があります、ご了承願います。


新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします.

2012年01月11日

【調査員番号 0264・0265】

越冬のウラギンシジミでしょうか!?

昨年もこの近くでじっとしている姿を見ました。

同じ敷地内で造成が始まっています。

小さな生き物の安住の地がどんどん狭められていきます。

003

メリークリスマス!!

2011年12月23日

【 調査員番号 0287】クリスマスクリスマスバーぴかぴか(新しい)クリスマス

12月4日の日曜日に近所を散歩中

新小金井街道沿いの歩道で黒い小さな蝶が

目の前をヒラヒラ飛んでいました。

葉にとまったところを素手で捕まえ写真に撮りました。

ムラサキシジミと思いましたが翅の光り方が違うので、

帰って調べたところ、尾状突起もありムラサキツバメの♂でした。

歩道沿いに食草のマテバシイが植えられていますので、

集団で越冬中の姿が見られるかも、と期待しています。

デジカメを持っていてラッキーでした。

Dscf3089



  

Dscf3085

          

ページの一番上へ

生物多様性保全
みんなのページ・最近の記事
生物多様性保全
みんなのページ・記事カテゴリ
生物多様性保全
みんなのページ・年別一覧
環境に関する取り組み
私たちの社会活動
  • パルシステム東京モバイル
  • twitter @palsystem_tokyo フォローはこちらから
「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿