1. ホーム
  2. 私たちの社会活動
  3. 環境
  4. 生物多様性保全みんなのページ

環境

生物多様性保全みんなのページ 生物多様性保全に関する情報、組合員さんや連携団体からの投稿や写真などをご紹介

        <生き物モニタリング調査  関連リンク>


        東京の5科86種のチョウについて種別にまとめた冊子(PDF)         組合員が集めたチョウの調査データを分かりやすく公開しています。         調査員の方はこちらから入力フォームに入れます。


野川で侵略的外来種駆除の企画を行ないます。

2013年07月03日

あなたも一緒に街のすぐそばにある貴重な自然をもっと豊かにし、

守っていきませんか!!

 

Cimg0697_3

 

武蔵野公園の中を流れる野川流域では、

 

地域の団体や、組合員の方々が、

 

身近で、貴重な自然の再生や保全に参加しています。

 

そこでも、外来種が年々増えて、在来種の繁殖を妨げます。

 

ご存知のように在来の植物と、その地域の在来の生物は、

 

助け合う関係により複雑につながっています。

 

それらが地域の生態系です。

 

 Cimg0704

 

武蔵野公園正門前に集合

201376日(土)9:30 集合 

JR武蔵小金井駅南口から

京王バスで試験場・多磨霊園行きで武蔵野公園前下

10:00~12;00

昭和30年代ごろ、野川沿いにあった、水田やため池などの

「水のある豊かな自然環境を再生する地域のグループ

「野川自然の会」の解説をいただきながら、

外来種オオブタクサやアレチウリなどの駆除作業を行います。

パルシステム東京の外来種駆除では始めて取り組む地域です。

お近くにお住まいの方はぜひご参加下さい。

 

野川自然の会とパルシステム東京の共催です。

 

お問い合わせは

生活協同組合パルシステム東京
環境推進室 生物多様性保全担当 守屋 由紀枝
〒169-8527
東京都新宿区大久保2-2-6ラクアス東新宿
℡   03-6233-7642

2013年度キックオフ研修会が終了しました。(報告)

2013年06月21日

5月28日(日)例年より遅くなりましたが、今年のキックオフ研修会が

 

東京大学農学部教室とキャンパスで開催されました。

生きモニキックオフ①

 

生きモニキックオフ②

今年も、5月22日の国連の定めた「生物多様性の日」をスタートとし、

 

10月末までの期間で月2回データの報告をお願いしていますが、

 

今年から、それ以外の月でも、チョウをモニタリングされた場合は

 

入力していただけることになりましたカメラ

 

キックオフ当日は天候にも恵まれ、楽しい1日となりました晴れ

 

生活協同組合パルシステム東京

環境推進室 担当  守屋 

〒169-8527
東京都新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿
℡:03-6233-7642

2013年度キックオフ研修会

2013年05月14日

晴れ 生き物モニタリング調査員第1回研修会のご案内です。

目的   生物多様性の学習及びモニタリング調査の方法等の解説晴れ晴れ曇り晴れ

日時   5月26日(日)10:00~15:00

場所   東京大学 弥生キャンパス農学部2号館化学第三講義室

参加者  パルシステム東京組合員モニタリング調査員

 

タイムスケジュール

9:45 受付開始

第1部  生物多様性保全や生き物モニタリングについて

10:00  ご挨拶、メンバー紹介

10:10 「昆虫から知る身近な自然」   須田 真一氏(東京大学保全生態学研究室)


11:10  データ入力・提出方法の説明

11;30  質疑応答

12:00  安田講堂まで移動して昼食解散

 

第2部  東京大学構内にてモニタリング体験

13:15  安田講堂前に集合、班ごとにモニタリング

15:00  まとめ           須田 真一氏

ご挨拶           パルシステム環境推進室長

※午前は座学・午後は東京大学構内にてフィールドワーク。

※雨天の場合、第2部は中止となり、12:00 解散です。

持ち物 昼食と飲み物・敷物・雨具  
(※教室内は飲食できません。当日は、学食が利用できます。)

筆記用具・下敷きとクリップまたはクリップボード・帽子・タオル

デジカメ(携帯電話のカメラでも可)(あると便利なもの:ハンデイな昆虫図鑑)

参加費 無料


当日連絡先 090-1550-2505(この電話は当日の9:30~16:00までつながります)

地図

<http://www.a.u-tokyo.ac.jp/campus/overview.html>

最寄の駅東京メトロ南北線 東大前駅

 

主催  東京大学・ 生活協同組合パルシステム東京協働プロジェクト

※お申し込み・お問い合わせご連絡は以下の担当まで

生活協同組合パルシステム東京環境推進室

〒169-8527東京都新宿区大久保2-2-6ラクアス東新宿

℡   03-6233-7642
生物多様性保全の取り組み担当 守屋由紀枝

チョウの調査が楽しみです

2013年04月25日

【調査員番号 0287】

ツマキチョウ

img_091741_3.jpg

まとめ報告会での、

 

鷺谷先生の原発事故のヤマトシジミへの影響のお話は、

 

昨年の調査でも危惧しておりましたので、大変参考になりました。

 

質疑応答では、調査員の方々の知識が当初より格段に

 

レベルアップしていることにもビックリでした。

 

添付の写真のように桜の開花とともに春のチョウたちが元気に

 

活動を始めておりまして、今年のモニタリング調査が楽しみです。

 

放射性物質の影響に加えて、ネオニコチノイド系農薬の影響も

 

心配ですので、注意しながら調査したいと思っております。

 

ルリタテハ

img_0264319.jpg

 

キアゲハ

img_0540322jpg.jpg

 

テングチョウ

img_092641jpg.jpg

 

モンキチョウ

 

 

今年度もよろしくお願いいたします。

2012年度まとめ報告

2013年04月04日

2012_026_25

 

2012年度のまとめ報告会が開催されました。

 

鷲谷研究室から鷲谷いづみ教授、須田眞一氏、吉岡明良氏

 

生産技術研究所喜連川研究室から安川雅紀氏が参加し、

 

2012年度のまとめと次年度に観察を深めたい、

 

環境指標生物としてのヤマトシジミついてお話を頂きました。

 

また、期間中、月2回のデータ報告を欠かさず

 

お送りいただいた調査員が表彰されました。

 

 

2012_026_24

 

[E:flair]下線部分をクリックして、まとめの概要をお読み下さい。

2012.docをダウンロード

 

調査員を希望される方はikimoni@gmail.com

まで、組合員番号、お名前、年齢を添えてお申し込み下さい!!

お待ちしております。

ページの一番上へ

生物多様性保全
みんなのページ・最近の記事
生物多様性保全
みんなのページ・記事カテゴリ
生物多様性保全
みんなのページ・年別一覧
環境に関する取り組み
私たちの社会活動
  • パルシステム東京モバイル
  • twitter @palsystem_tokyo フォローはこちらから
「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿