1. ホーム
  2. 私たちの社会活動
  3. 環境
  4. 生物多様性保全みんなのページ
  5. 侵略的外来種駆除活動の一覧

環境

生物多様性保全みんなのページ 生物多様性保全に関する情報、組合員さんや連携団体からの投稿や写真などをご紹介

        <生き物モニタリング調査  関連リンク>


        東京の5科86種のチョウについて種別にまとめた冊子(PDF)         組合員が集めたチョウの調査データを分かりやすく公開しています。         調査員の方はこちらから入力フォームに入れます。


「侵略的外来種駆除活動」の一覧

野川で外来種の駆除と生き物観察!

2013年07月06日

7月6日(土)武蔵野公園で、野川の外来種抜き取りを行いました。

 

暑い1日でしたが、一見豊かな緑の中で、ゆっくり作業をしました。

 

野川は東京都の自然再生事業となっていて、せせらぎには小さな子どもも入れます。

 

Dscn1228

野川自然の会の皆様から、植物や、生き物のお話をお聞きしました。

Dscn1252

 

-----------------------------------pal*system

お問い合わせ・ご連絡は

生活協同組合パルシステム東京環境推進室 

生物多様性担当守屋まで
〒169-8527
東京都新宿区大久保2-2-6ラクアス東新宿
℡   03-6233-7642
-----------------------------------------------------

野川で侵略的外来種駆除の企画を行ないます。

2013年07月03日

あなたも一緒に街のすぐそばにある貴重な自然をもっと豊かにし、

守っていきませんか!!

 

Cimg0697_3

 

武蔵野公園の中を流れる野川流域では、

 

地域の団体や、組合員の方々が、

 

身近で、貴重な自然の再生や保全に参加しています。

 

そこでも、外来種が年々増えて、在来種の繁殖を妨げます。

 

ご存知のように在来の植物と、その地域の在来の生物は、

 

助け合う関係により複雑につながっています。

 

それらが地域の生態系です。

 

 Cimg0704

 

武蔵野公園正門前に集合

201376日(土)9:30 集合 

JR武蔵小金井駅南口から

京王バスで試験場・多磨霊園行きで武蔵野公園前下

10:00~12;00

昭和30年代ごろ、野川沿いにあった、水田やため池などの

「水のある豊かな自然環境を再生する地域のグループ

「野川自然の会」の解説をいただきながら、

外来種オオブタクサやアレチウリなどの駆除作業を行います。

パルシステム東京の外来種駆除では始めて取り組む地域です。

お近くにお住まいの方はぜひご参加下さい。

 

野川自然の会とパルシステム東京の共催です。

 

お問い合わせは

生活協同組合パルシステム東京
環境推進室 生物多様性保全担当 守屋 由紀枝
〒169-8527
東京都新宿区大久保2-2-6ラクアス東新宿
℡   03-6233-7642

バッタのすむ ススキ原をまもる!!   追加募集

2011年09月13日

2011年度パルシステム東京生物多様性保全取り組み  ふらふらあせあせ(飛び散る汗) 

    ~侵略的外来種の駆除~

                     晴れ

セイタカアワダチソウの抜き取りとバッタ調べの追加募集をします。

参加ご希望の方はikimoni@gmail.com または 

036233-7238環境推進室 守屋まで

お申し込み下さい。

もしかしたらヤキイモもできるかも・・・・・?

          

開 催 日 :9 月 17 日(土) 10:00~14:30 

集合時間 :9:50(9:30受付開始) *パルシステム東京こんせんくんガイド旗が目印です。

集合場所 :光が丘公園 バードサンクチュアリ前の広場 

持 ち 物 :お弁当(雨天の場合は不要)、飲み物、帽子、雨具、敷物、軍手、

        筆記用具、タオル  ※あると便利なものとして、ムシメガネ、デジカメ
●服装    :うすでの長袖、長ズボン(虫さされや、すすきの葉などの傷を予防)
講  師  :佐藤方博氏〔NPO生態工房〕

 参 加 費 :無料
主  催  :生活協同組合パルシステム東京
共  催  :NPO法人 生態工房

 タイムスケジュール

9:30 受付開始
10:00 開会のあいさつ
10:10 原っぱの現地を見学しながら、保全活動の紹介(野外へパネルを持ち歩く)。
     途中、特徴的な植物や昆虫の観察と解説。
11:20 バッタ調査
     方法を説明して、バッタ取りを開始。30分程度、本気で(!)虫取りをする。
     最終結果をスタッフへ申告(記録)する。
     みんなが捕ったバッタを虫かごに入れて並べ、光が丘公園のバッタの特徴を解説。

12:00 ~昼休み~
13:00 外来植物の抜き取り

  •  

      ※休みながらゆっくり行ないますので重労働ではありません。
      お子様にもできる作業です。

14:30 作業の成果を振り返り、終了 現地解散

※雨天の場合は佐藤氏を講師にバードサンクチュアリ内で学習会を行い12::00で終了解散となります のでお弁当は必要ありません。 お申し込みおまちしております。

090316_konsen_2



 

 

光が丘公園のすすきっ原をまもる!! 参加者募集中

2010年09月17日

パルシステム東京生物多様性保全の取り組み ~外来植物駆除編~

 

外来植物を抜き取って、すすきっ原とそこに生きる虫や動物を守ります。

 

光が丘には昔の練馬区のすすきっ原をそのまま残した場所があります。

 

そこには、絶滅が危ぶまれるバッタやいろいろな生き物がすんでいます。

P1010068

P1010075

 

●開 催 日:9 月 25 日(土)

●集合時間:9:50(9:30受付開始) *パルシステム東京こんせん君ガイド旗が目印です。

●集合場所:光が丘公園 バードサンクチュアリ前の広場

●持 ち 物:帽子・雨具、飲み物、お弁当(雨天の場合は不要)、敷物、軍手、筆記用具、

               タオル      *あると便利なものとして、ムシメガネ、デジカメ

●講  師:佐藤方博氏〔NPO生態工房
●参 加 費:無料                    

●主  催:生活協同組合パルシステム東京
●共  催:NPO法人 生態工房

           タイムスケジュール

9:30 受付開始

10:00 開会のあいさつと説明「何故このすすきっ原を守るのか」

10:15 保全作業開始(外来植物抜き取り)

12:00 作業終了

~昼休み~

13:00 草原のバッタや生き物の観察 

15:00 終了 現地解散

※雨天の場合は佐藤氏を講師にバードサンクチュアリ内で学習会を行い,
12::00で終了解散となりますのでお弁当は必要ありません。

お申し込みお問い合わせは

生活協同組合パルシステム東京共同環境推進室 

 担当 守屋 まで

〒160-8512
東京都新宿区四谷4-28-8  PALTビル8F
℡  03-5363-2347 

6月5日(土)平井川の外来植物の駆除と川の生き物観察

2010年06月05日

平井川のかや原を保全し、カヤネズミを保護する活動をされている

川原で遊ぼう会と共催でオオブタクサの抜き取りと川の生きもの観察を行ないました。

 晴れ

写真は川沿いに生息するハグロトンボ

Dscf7213

Dscf7224
羽化したてで透明なトンボも・・・・・・。

Dscf7217

ドジョウ、ジュズカゲハゼ、ギバチ、シマドジョウ、アブラハヤ、モツゴ、カワムツ、などなど

たくさん見ることができました。eye.gif

ページの一番上へ

生物多様性保全
みんなのページ・最近の記事
生物多様性保全
みんなのページ・記事カテゴリ
生物多様性保全
みんなのページ・年別一覧
環境に関する取り組み
私たちの社会活動
  • パルシステム東京モバイル
  • twitter @palsystem_tokyo フォローはこちらから
「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿