1. ホーム
  2. 私たちの社会活動
  3. 環境
  4. 生物多様性保全みんなのページ

環境

生物多様性保全みんなのページ 生物多様性保全に関する情報、組合員さんや連携団体からの投稿や写真などをご紹介

        <生き物モニタリング調査  関連リンク>


        東京の5科86種のチョウについて種別にまとめた冊子(PDF)         組合員が集めたチョウの調査データを分かりやすく公開しています。         調査員の方はこちらから入力フォームに入れます。


スマホやカメラで撮影したチョウの写真が、世界的価値ある自然調査の基礎に!「2018年度生きモニキックオフ研修会」開催

2018年06月01日

生きモニTOP

  5月12日(土)東京大学駒場リサーチキャンパスで「中央大学・東京大学・パルシステム東京協働プロジェクト『市民参加の生き物モニタリング調査』キックオフ研修会」を開催しました。当日は約30名が参加し、モニタリング調査の方法、生物多様性保全の取り組みについて学びました。

 

マーク生きモニ

 

 

生き物モニタリング調査とは


  調査員となった組合員が撮影した身近なチョウの報告をデータ化し、生物多様性の現状や温暖化の影響を調べる「市民参加の生き物モニタリング」。2009年からスタートし、2018年度で10年目となります。この間、約3万8千件のデータを蓄積。市民参加の精度の高い調査として、学術的にも高く評価されている、中央大学・東京大学・パルシステム東京の協働プロジェクトです。

 

 

昆虫から知る身近な自然


  はじめに中央大学 保全生態学研究室協力員 須田 真一氏から「昆虫から知る身近な自然」というタイトルで、これまでのモニタリング結果やチョウの生息地の変化などについてご講演いただきました。


講義

 

 

なぜ、チョウをモニタリングするの?


  モニタリング調査は、月2回程度、身の回りのチョウの撮影をし、調査票に撮影時のデータを記入して報告するものです。この調査が主にチョウを対象にしているのは、下記のような理由があります。


・分布や生態、生息環境などがよくわかっている。
・環境の変化をよく反映するため、確認された種類から生物多様性の変化や 温暖化の影響などを知ることができる。
・翅(はね)に模様に特徴があり、名前を調べやすい。
・市街地でもそれなりの種類が生息している。

 

 

最近、東京で熱帯のチョウをよく見かけるのは、地球温暖化の影響?


  須田さんは都会に住めるチョウ、都会では少ないチョウ、都会では住めないチョウ、最近特に東京で増えているチョウなど、チョウをグループ分けして解説しました。その中の「最近特に東京で増えているチョウ」については、
「日本列島を大きく北と南に分けると、東京はちょうど北と南の境に位置しています。最近特に東京で増えているチョウの中に、『ツマグロヒョウモン』がいます。このチョウは熱帯に生息するチョウです。他にも長崎のマテバシイしか食べない『ムラサキツバメ』や、常緑ミカン類しか食べない『ナガサキアゲハ』などを最近見かけます。これらは地球温暖化の影響だけでなく、最初はホームセンターなどで販売するための植木について人為的に連れてこられたのではないかと考えられます。
『ツマグロヒョウモン』の大好物、スミレの一種である『パンジー』は寒くなっても東京にはあり、『ムラサキツバメ』のマテバシイは今街路樹でよく使われています。
連れてこられてしまったけれど、天敵もいないしエサもある。東京は意外と住みやすかったようです。」と話されました。

 

生きモニ8

ツマグロヒョウモン

 

 

さあ、きょうから生きモニ調査員!


  講演後、参加者全員で東京大学構内を調査しました。


キックオフ1  キックオフ2

カメラのかまえもバッチリ!

 

生きモニ3

チョウに気づかれないように、そーっと近づいて撮影します。

 

生きモニ4  生きモニ5

くすのきに育つアオスジアゲハの幼虫と縁石で休むスジグロシロチョウの成虫

 

  「チョウの撮影ができなくても、チョウを見た場所の写真でもOKです。
『この花にこんな特徴のチョウがいた』『調査したけどチョウがいなかった』という報告は、「チョウがいた」という報告と価値は一緒です。」と須田さん。

須田氏

どんな昆虫でも知っている須田さんの説明がとても楽しくて、時間があっという間に過ぎました。

生きモニ6

 

 

参加者のアンケートから


  参加した組合員からは、

  「今まで、知らなかったことがたくさんありました。これから1年間楽しく調査したいと思います。」

  「数回目ですが、その都度興味深いお話を聞くことができます。また自分自身の関心事も変化してくるので、別の視点から見ることができます」

  「とても勉強になり、日常の自然観察に興味が持てました。子どもも面白い企画だったと思います。」

などの感想がありました。

 

 

調査員登録をして、生き物モニタリングスタート!


  パルシステム東京では生物多様性保全の取り組みとして、2018年度も引き続き、生き物モニタリング調査の調査員を募集しています。ぜひご参加ください。

  ※キックオフ説明会に参加していない方も、生きモニ調査員に登録できます。締め切り後でも受付できる場合もありますのでご連絡ください。
詳しくはこちらから

環境キャンペーンの企画はこちらから

スマホ撮影したチョウの写真が、世界的価値ある自然調査の基礎に!「生き物モニタリング調査・キックオフ研修会」を開催

2017年07月03日

いきもに1

パルシステム東京は5月20日、「生き物モニタリング調査・キックオフ研修会」を東京大学駒場キャンパスで開催しました。参加者は講師から調査のポイントの学習や今年から導入された調査員専用のアプリの説明を受け、今年度の生きモニ調査員として活動を開始しました。

5月下旬だというのに、最高気温29℃になったこの日。調査員として登録した組合員が、東大駒場キャンパスに集合しました。

いきもに4

生き物モニタリング調査とは、調査員となった組合員が撮影した身近なチョウの画像をデータ化し、生物多様性の現状や温暖化の影響を調べるもの。中央大学と東京大学、パルシステム東京の協働プロジェクトです。

2009年のスタートから7年間で約3万件のデータを蓄積。市民参加の精度の高い調査として、学術的にも、高く評価さ れています。

生きもに3

強い日差しに、チョウの活動も少なく見つけるのもひと苦労でしたが、その分、喜びもひとしお。撮影に観察にと、充実した一日でした。

2016年度生きモ二まとめ報告会

2017年03月01日

2016年度の生きモ二まとめ報告会のご案内です。

日時 3月11日(土)10:00~13:00

会場パルシステム東京新宿本部7階大会議室

調査員でまだお申し込みでない方は、

ikimoni@pal.or.jp

までお申し込み下さい。

 

当日スケジュール

10:00      挨拶         パルシステム東京

10:02  基調講演 「市民科学の意義といきモニ」鷲谷いづみ教授

10:50 いきモニの写真の評価基準   海老原健吾 さん

11:00 2016年度モニタリング調査まとめ報告 須田真一氏

11:45   データベースの報告とスマホアプリの紹介 安川雅紀氏

12:00   交流会

13:00   終了

 

主催      生活協同組合 パルシステム東京

中央大学保全生態学 鷲谷研究室

東京大学生産技術研究所 喜連川研究室

 

連絡先 生活協同組合パルシステム東京 環境推進室

電話03-6233-7642   受付時間9:30~17:30

光が丘のススキ原っぱで外来種駆除

2017年01月19日

年度最後の外来種駆除として定着しつつある、

光が丘のススキ原っぱの外来種である、セイタカアワダチソウの駆除。

この時期、セイタカアワダチソウは小さいけれど、

地面の中で、根を横に伸ばし春に備えているのです。

根を残さないように取ります。

12月11日に実施したので寒かったのですが、

実は作業が終わると焼き芋を焼くのが恒例となっています。

協力はNPO法人生態工房から、佐藤方博さんと岩本愛夢さん。

生物多様性や外来種駆除のお話をしていただきました。

サツマイモはパルシステム東京の子会社うなかみの大地から

直送で、とても甘くておいしいと評判。

PC110058.jpg

 

 

IMG_2837.JPG

多摩川のアレチウリ駆除のこと

2017年01月19日

 

2016年度外来種駆除の取り組みのひとつである、大田区の多摩川土手

の外来種駆除を実施しました。

アレチウリ驚異的な生命力で、日本特有の種である葦に、

覆いかぶさるように繁殖し枯らしてしまいます。

花が咲き実がつくと、細い針のようなとげがいっぱい出てきて、

駆除が難しくなるので、初心に帰って6月19日には、

ハート型はっぱのつる性の草をみつけて、根を残さないように抜きます。

いつものように、丸子の会、グループもも、ボーイスカウトがそれぞれ取り組みました。

「広大な多摩川河川敷のここだけぬいてもな・・・。」

と感じる方がいらっしゃるかもしれませんが、

中央大学の須田先生によりますと「たとえ1部の地域でも、

外来種を駆除したり地域の生態系を残すことによって、

動植物の絶滅を防いだり、

環境が良好になった場合は、

減少した種が増える場所となる可能性があるので、

大切なこと」だそうです。

 

(写真は、丸子の会代表の方がアレチウリを説明しているところ)

DSCN7692.JPG

 

 

外来種はほかにもオオブタクサなどもあるので、気がついたものはぬいている

DSCN7690.JPG

 

 

ページの一番上へ

生物多様性保全
みんなのページ・最近の記事
生物多様性保全
みんなのページ・記事カテゴリ
生物多様性保全
みんなのページ・年別一覧
環境に関する取り組み
私たちの社会活動
  • パルシステム東京モバイル
  • twitter @palsystem_tokyo フォローはこちらから
「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿