1. ホーム
  2. 私たちの社会活動
  3. 環境
  4. 環境のブログ
  5. CO削減はガマンしない。楽しみながら脱炭素化を「 環境省・国立環境研究所『地球温暖化W(ダブル)講演会』」

環境

CO削減はガマンしない。楽しみながら脱炭素化を「 環境省・国立環境研究所『地球温暖化W(ダブル)講演会』」

2019年02月20日
[ エネルギー政策の推進 ]

top画

環境省 岸 雅明氏(左)と国立環境研究所 江守 正多氏(右)

 

  1月19日(土)、PV-net(NPO法人太陽光発電所ネットワーク)との共催で「環境省・国立環境研究所『地球温暖化W講演会』」を武蔵野公会堂(武蔵野市)で開催しました。参加者118人。

  第一部は国立環境研究所 地球環境研究センターの江守 正多氏による講演「気候変動は止められるか ~地球温暖化と私たちの未来~」。CO排出による地球温暖化の現状、経済の脱炭素化を目指す世界の動きなどについてお話を伺いました。
続く第二部は環境省 地球局 地球温暖化対策課の岸 雅明氏による講演「脱炭素化のカギとなる再生可能エネルギー」。世界の再生可能エネルギー導入状況、脱炭素化のビジネスチャンスとメリットに加え、日本の太陽光発電のコストも今後は大幅に低減する見通しであることなどをお話しいただきました。

岸氏

 

|脱炭素化のために、何時代前まで戻ればいいの?(第一部講演より)

江守氏

  「日本ではCO削減、気候変動対策というと【ガマン】【努力】のイメージがあります。 しかし『脱炭素化』はイヤイヤ努力して達成できるような目標ではありません。 「『脱炭素化』するためには、いったい何時代前まで戻ればいいんですか?」とよく質問されますが、実は私は逆だと思っています。
『石器時代が終わったのは、石がなくなったからではない』という元サウジアラビア石油相の言葉をご存じですか。人々は技術の進歩によって、石器よりももっと便利な道具を簡単に作ることができるようになったため、石器は不要になったということを言っています。
これを燃料に言い換えると、技術の進歩で化石燃料よりも優れた、COの出ない、コストもかからないエネルギーを簡単に作ることが可能になり、その新しいエネルギーは利益を生み出すし、化石燃料より安く提供できる。そうなれば化石燃料がたくさんあったとしても、人々は化石燃料を使わなくなる。時代をさかのぼるのではなく、進む。近い将来には楽しみながら、儲けながら「化石燃料文明」を卒業できると私は思っています。」

  今までのCO削減のイメージを変える江守氏の言葉に、参加者は深く頷いていました。

挙手

  

|講演のポイント

ポイント

    ※問い合わせ先は PV-Net:メール

 

|パルシステム東京の再生可能エネルギー関連講座

  3月9日(土曜日)15時~ パルシステム東京新宿本部
「太陽光発電 FIT買取終了後はどうなる?2019年問題学習会」

10年以上前に家庭用太陽光発電を設置された方は10月で売電買取期間10年が終了します。
終了後の選択肢について最新情報をお伝えします。

〇講師:杉本 完蔵 氏 (JPEA(太陽光発電協会)幹事)、高柳 良大 氏(PV-Net (NPO太陽光発電所ネットワーク)副代表理事・東京地域交流会代表)

  申し込みはコチラから

  を予定しています。ぜひご参加ください。

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿