1. ホーム
  2. 私たちの社会活動
  3. 環境
  4. 環境のブログ
  5. 【開催報告】生きモニまとめ報告会

環境

【開催報告】生きモニまとめ報告会

2018年04月19日
[ 生物多様性保全の取り組み ]

まとめTOP

  3月3日(土)、パルシステム東京新宿本部で「中央大学・東京大学・パルシステム東京協働プロジェクト『市民参加の生き物モニタリングまとめ報告会』」を開催しました。
  この企画は組合員が参加しやすい生物多様性保全の取り組みを提供し、生物多様性保全の活動を広めることを目的としています。

  

生き物モニタリングとは?

いきもにこんせんくん

  調査員となった組合員が撮影した身近なチョウの報告をデータ化し、生物多様性の現状や
温暖化の影響を調べる「市民参加の生き物モニタリング」。2009年からスタートし、2017
年度で9年目となります。
  この間、約3万8千件のデータを蓄積。市民参加の精度の高い調査として、学術的にも高く
評価されている、中央大学・東京大学・パルシステム東京の協働プロジェクトです。

  

  

  

  

基調講演で生物多様性科学の歴史、今後の課題について学ぶ

基調講演「生物多様性市民科学といきモニ」

    はじめに中央大学保全生態学研究室  鷲谷  いづみ教授に、生物多様性科学の歴史や、これからの課題について
お話ししていただきました。

鷲谷先生

  

  鷲谷氏は、欧米に比べて日本では生物多様性について理解している人、目を向けている人が少ないことが大変深刻な課題であると指摘、このままではCOP10で採択された愛知目標のひとつである「遅くとも2020年までに、生物多様性の価値と、それを保全し持続可能に利用するために可能な行動を、人々が認識する」を達成するのは困難であると訴えました。

  

  

  

  

鷲谷  いづみ教授    

  

2017年度調査結果について

  中央大学保全生態学研究室協力員  須田  真一氏からは今年度の調査結果について解説していただきました。


2017年度 須田先生

  

  今年度報告があったチョウの種類は76種。初年度からの合計確認種数は90種となり、1990年~2006年に都本土部で記録された種(109種)の83%がこの調査で確認されたことになります。
  須田氏は「このことは市民参加型の調査によっても、専門家の調査にひけをとらない精度の高いチョウのモニタリングが可能であることを示していると言えます。」と結びました。

  

  



須田 真一氏    

  

安川氏

  

  最後に、東京大学生産技術研究所喜連川研究室の安川 雅紀氏から、スマートフォンのカメラで撮影したチョウの画像を元に調査書を作成し、東京大学のデータベースに直接送信することができる「いきモニ スマートフォンアプリケーション(いきモニアプリ)」の運用報告をしていただきました。

アプリ

  

  

  



安川 雅紀氏


「いきモニアプリ」アイコン        

    ※いきモニアプリはAndroidではGoogle Play、
iPhoneではApp Storeでインストールできます

  

  パルシステム東京では生物多様性保全の取り組みとして、2018年度も引き続き、生き物モニタリング調査の調査員を募集しています。ぜひご参加ください。

5/22~「市民参加の生き物モニタリング調査」の組合員調査員募集

5/12 市民参加の生き物モニタリング調査 キックオフ研修会(会場:東京大学駒場リサーチキャンパス)

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿