1. ホーム
  2. 私たちの社会活動
  3. 環境
  4. 環境のブログ
  5. 「ススキ原の保全と炭火でヤキイモづくり(12月7日)」を開催しました。

環境

「ススキ原の保全と炭火でヤキイモづくり(12月7日)」を開催しました。

2014年12月15日
[ 生物多様性保全の取り組み ]

12月7日、パルシステム東京の生物多様性保全の取り組み「侵略的外来種の駆除」の企画として

光が丘公園内(練馬)で自然保護区に指定されている昔からの練馬の原っぱでセイタカアワダチソウの

抜き取りを行ないました。NPO団体『生態工房』の方々に解説をしていただきました。

DSCN4816.JPG

冬なのでセイタカアワダチソウは細く小さく見えますが、実はこの時期に地下茎を伸ばし、次の春以降に

向けて着々と勢力を広げています。この根っこを駆除しておくと効果があります。

 

RIMG0103.JPG

小さなお子様も大勢参加していただき、みんなで頑張って草取りをしました。あせあせ(飛び散る汗)

 

2014.12.07光が丘2.JPG

昔、田舎ではどこの家にもあった「背負いかご」

参加されたお嬢さんが抜き取った外来植物を入れて背負ってみたようです。楽しかったかな?るんるん

 

2014.12.07光が丘4.JPG

本日の草取り成果!!ぴかぴか(新しい)

かごや一輪車にいっぱい詰め込んだセイタカアワダチソウを前に記念撮影しました。

 

終了後は、炭火でヤキイモづくりですレストラン

20141207.JPG

サツマイモはご存知「うなかみの大地」から送ってもらったベニアズマ。生産者は新婚の染谷さんです。

参加者全員で新聞紙とアルミホイルを巻いて準備をしました。

皆さんとても喜んで、おいしそうに召し上がっていました。ハートたち(複数ハート)

(担当:守屋)

 

※パルシステム東京では、生物多様性取り組みを推進しています。

もっと生物多様性の取り組みについて知りたい方はこちらも併せてご覧下さい。

また、企画も随時行なっております。ぜひご参加下さい。

top_bnr02.gif

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿