1. ホーム
  2. 私たちの社会活動
  3. 環境
  4. 環境のブログ
  5. 野川で侵略的外来種駆除と生き物観察の活動報告

環境

野川で侵略的外来種駆除と生き物観察の活動報告

2013年07月06日
[ 生物多様性保全の取り組み ]

7月6日(土)武蔵野公園で、野川でアレチウリ、オオブタクサなどの侵略的外来種の

抜き取りを行いました。

暑い1日でしたが、一見豊かな緑の中で、ゆっくり作業をしました。

野川は東京都の自然再生事業となっていて、せせらぎには小さな子どもも入れます。

 

アレチウリやオオブタクサは、まだ比較的小さく抜きやすいのですが、これが大きく

なると大変です! 川岸をおおってしまいます。

 

抜き取りの後は、生きもの観察をおこない、野川自然の会の皆様が動植物のお話

をしてくださいました。

なんと!どじょうもいました!

川の中も外来種が多く、シジミもいつの間にか国産が消えて外来の種に変わって

しまったということです。

 

Dscn1228

Dscn1252

-----------------------------------pal*system
お問い合わせ・ご連絡は

生活協同組合パルシステム東京環境推進室

生物多様性担当守屋まで
〒169-8527
東京都新宿区大久保2-2-6ラクアス東新宿
℡   03-6233-7642
----------------------------------------------

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿