1. ホーム
  2. 私たちの社会活動
  3. 環境
  4. 環境のブログ
  5. 2012年シャボン玉フォーラムin東京【開催趣旨】

環境

2012年シャボン玉フォーラムin東京【開催趣旨】

2012年03月05日
[ 有害化学物質削減、石けん利用普及 ]

2012年シャボン玉フォーラムin東京  開催趣旨

 

 私たちは誰でも平和で健康に生存する権利があり、また誰もが自然や環境を次の世代に少しでもよい状態で引き渡す責任があります。しかし、私たちの身の回りには、いのちや健康を脅かす危険なものが溢れています。放射性物質、農薬、食品添加物、電磁波、そして合成洗剤など数え切れないほどです。一体、何が安全で何が安全でないのか分からないまま危険に身をさらされています。 そしておこった大震災とそれに続く東京電力福島第一原発の事故。2011年3月11日、私たちはあの日を忘れる事はできません。あの大惨事はくらしや社会のあり方に大きな衝撃を与え、これまでの便利な生活は大きな危険と犠牲の上で成り立っている事をあらためて思い知らされました。今求められているのは政治・経済・文化あらゆる分野での原子力に頼らないエネルギーシフトの実現、経済優先から真の豊かさへと舵を取ることではないでしょうか。かけがえのないいのちを大切にする。いのちが豊かに未来につながればこそ、わたしたちは幸せなのだと思います。
 石けんを使うということ、それは日々のくらしに最も密着した視点から世の中のあり方を考え、変えていくきっかけとなっています。30年におよぶ石けん運動の活動の種はあちこちに蒔かれ、成果を生み、様々な団体と連携しながら裾野を広げてきました。身近なところからできることをやり続ける、そのことが問題解決へつながる大きな力となるはずです。未来に目を向け、持続可能な社会に変えていくことに力を尽くしましょう。 フォーラムの2日間は、くらしの隅々まで見つめ直しながら生物多様性を基調テーマに、地球上のすべてのいのちを豊かにつないでいくためにできることは何か、ともに考えていきたいと思います。明日をつくるのは地に足をつけた私たちの熱いムーブメント。知ることは目覚めること。フォーラムに参加し、知る・考える、そしてみんなでつながり行動にうつしていきましょう。
 希望を持って一歩を踏み出すための機会としてシャボン玉フォーラムin東京を開催します。実り豊かなものになりますように。多くの方々が参加されることを願っています。

シャボン玉フォーラムin東京実行委員会

2012シャボン玉フォーラム

シャボン玉フォーラムTOPへ

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿