Digest-MV.jpg

パルシステム東京の動きをナナメ読み

2017年度の選り抜き記事をダイジェスト風まとめ(2017年4月25日更新)

【2016年度の記事はコチラ】

沖縄

嘉数高台公園の展望台からは、米軍の普天間基地を見下ろすことができます。基地から飛び立つオスプレイを見て、改めて、住宅街に隣接する基地の危険性を目の当たりにしました。...【記事を読む】

ふくしま

福島の原発事故からわずか6年...。菅谷氏がそう話すのは、30年余がたった今も、子どもたちの健康調査を続ける、チェルノブイリ原発事故で被災したベラルーシなどの国と比較してのこと。...【記事を読む】

池上さん

私が民主主義を素晴らしいと思うのは、人間は間違えたり行き過ぎたりするもの、というのを前提にしていることです。選挙ってね、任期付きの独裁者を選んでいるようなものなんですよ。...【記事を読む】

こんせん牛乳

いまでこそ、パルシステムを代表する商品のひとつとなった『こんせん72牛乳』ですが、72℃15秒殺菌に至るまでには、実に8年もの歳月がかかりました。..【記事を読む】

2016年度の人気記事はこちら

宅配のしくみを活用した「見守り安心サービス」を開始 毎週の配達で離れた親族の安否を確認

パルシステム連合会は10月から、定期的に商品を配達する特性を生かした「見守り安心サービス」を1都9県の配送全エリアで開始します。離れてくらす親族の方へ配達の情報を届けるほか、緊急時や異変を察知した際には通報の代行なども行います。 ...【記事を読む】

ピンクリボンセミナー&交流会

「がん治療中も治療後も『キレイ』は進む力になる!」と題し、若く見せるメイクの他、元気に見せるメイクのコツを実演を交え解説。 カタログ「素肌時間」の化粧品を展示し試しました。...【記事を読む】

知らずに食べてる
遺伝子組み換え食品
講師:天笠 啓祐 氏

「EUや中国、台湾などの遺伝子組み換え食品表示と比較しても日本の表示が抜け穴だらけであり、知らず知らずのうちに遺伝子組み換え原料を使った食品を食べさせられていることなどから、日本の遺伝子組み換え表示をヨーロッパ(EU)並みにする必要がある」と天笠氏。...【記事を読む】

プラスチックスープの海と
使い捨てプラスチックの削減
講師:高田 秀重 氏

プラスチックは油を吸着する性質があるため、海中の工業用の油、農薬などの有害化学物質を吸着して有害化します。周辺海水中から汚染物質を吸着したプラスチックの汚染物質濃度は、周辺海水中の10万倍~100万倍にもなります。 ...【記事を読む】

身の回りの有害化学物質 
「香りの被害」
講師:神野 透人 氏

いま、くらしの身の回りをよく見ると、防虫剤や消臭剤、洗剤や入浴剤など、非常に多くの化学物質が使われていることに気が付きます。また、国民生活センターには年々「におい」に関して寄せられる相談や危害情報が増加しています。 ...【記事を読む】

子どもの救急

パルシステム東京は10月26日(水)にポプラ社(新宿区)のコンベンションホールで「こどもの救急どんな時?~知って安心!病気への心がまえ~」を開催しました。...【記事を読む】

第2回連続平和学習会
木村草太先生に聞く!
憲法から読み解く日本の平和

今、南スーダンの紛争をはじめ、自衛隊の海外での活動のあり方は、従来の専守防衛から大きな転換を迎えています。平和安全法制に基づく自衛隊の活動が、本当に私たちのくらしや未来、世界の平和を守ることにつながっていくのでしょうか。 ...【記事を読む】

1213学習会

2016年11月5日(土)、「子どもの甲状腺検診」に向けたキックオフ学習会「『いま』改めて考える放射能とその影響」をパルシステム東京新宿本部で開催。...【記事を読む】

若年層向けライフステージ別の新チラシを創刊 がんばる女性を応援「わたしのママくらし」

20~30代を中心にさまざまなライフステージにいるパルシステム女性職員が発案し企画しました。パルシステムの活用術のほか、普段の生活で知りたいリアルな情報を、職員・組合員のリアルな声として紹介します。 ...【記事を読む】

チョコレートワークショップ

パルシステム東京は11月25日(金)に新宿本部で「カカオから作る手作りチョコレートワークショップ サポーター講座」(特定非営利活動法人APLAと共催)を開催しました。 ... 【記事を読む】

産地へ行こう。
ささかみアドベンチャーへ
ようこそ!ステージ1

「新潟こしひかり」でおなじみの産直産地、新潟県阿賀野市にあるJAささかみで今年も田植えツアーが行われました。真夏のような暑さの中、素足で田んぼに入って田植えをし、草もち作りや豆腐作りも楽しみました。 ...【記事を読む】

161219土井善晴さん

「一汁一菜でよいという提案」 土井善晴さんがたどりついた、毎日の料理をラクにする方法 ... 【記事を読む】

日経DUAL食材宅配ランキングでパルシステムが1位!「共働き」「子育て」で高い評価

パルシステムは、子育てやアレルギーをもつ家庭向けの商品やサービスなどの「子どもポイント」で1位を獲得、ネット注文の利便性、共働き家庭向けのサービスを評価する「共働きポイント」でも高得点を得ました。 ...【記事を読む】

2016年度タオルを贈る運動に
7万3,629枚
ご協力ありがとうございました

組合員の家には贈答品などで家庭に保管したままのタオルが少なくありません。家庭に眠るタオルという"未利用資源"を酪農の生産に生かそうと呼びかけるのが「タオルを贈る運動」です。 ...【記事を読む】

【2016年度の記事はコチラ】

パルシステム東京のイベントを探すなら

イベントNAVIバナー_SP.jpg