1. ホーム
  2. 私たちの社会活動
  3. 食育
  4. 毎日が食育!パルシステム東京食育リーダーの食育講座「春野菜をおいしく食べよう!」
食育

毎日が食育!パルシステム東京食育リーダーの食育講座「春野菜をおいしく食べよう!」

2010年03月22日

3月17日に八王子生涯学習センター9Fクリエイトホール料理講習室にて、「春野菜をおいしく食べよう!」を開催しました。今回の講座は、「山々に新しい生命が緑色に芽吹く春、生命力の強い山菜や旬の野菜をたくさん食べて体力を養いましょう」をテーマに進めました。

まずは、香りで食材を当てる体験「臭覚」から始まりました。参加者自分の鼻を頼りにアルミホイルでふた(小さな穴を数箇所あけた)をした紙コップ(3種類)の中身が何かを探ります。感じたことを各自発表しました。意見が出たところで今度は目で見て「視覚」納得、なかなか全てを当てることは難しいと実感しました。

講座はなごやかにすすみ、調理実習でも扱う春野菜の特徴や野菜の扱い方の話しへ。今回はうど・春キャベツ・新じゃが・菜の花等を、「春野菜の蒸ししゃぶ、うどの酢味噌かけ、うどの皮のきんぴら」へと野菜を無駄なく使い、身体と環境にやさしい料理になりました。

参加された方からは、「野菜がたくさん食べられる、うどの料理方法がわかった、季節を感じることができた」等と大好評でした。

調理実習

◎レシピ
春野菜の蒸ししゃぶ 材料(2人分)
・キャベツ、ごぼう、新じゃが、スナップえんどう、グリーンアスパラ、菜の花 (好みの野菜をお好みで)
・豚肉・・・・120g(ロースうす切り) ・水・・・・・・100cc ・酒・・・・・・30cc ・ゴマ油・・・大1
ドレッシング
・便利つゆ・・・60ml ・お酢・・・30ml・ごま油・・・小2
作り方
1.じゃが芋は良く洗う。皮付きのまま6等分にして、竹串で穴をあける。ごぼうはささかきにする。
2.他の野菜も洗って切る。
3.フライパンにじゃが芋と水を入れ、ふたをして3分程煮る。その中にキャベツを入れ、しんなりしたら残りの野菜を入れ、3分ほど煮る。
4.野菜の上に豚肉を重ならないように乗せる。ふたをして肉の色が変わり始めたら酒とごま油をかけ火を止める。

 

うどの酢味噌かけ 材料(2人分)
・うど・・・・・・1本
酢味噌
・西京味噌・・・・・・40g(味噌の種類によって砂糖の量を調節)
・砂糖・・・・・・大1・酢・・・・・・大1/2・みりん・・・・・・大1
作り方
1.うどは厚めに皮をむいて短冊切りにし酢水に放してあくをぬく。
2.水気を拭いたうどを器に盛り合わせておいた酢味噌をかける。
※あくが強く変色しやすいので新鮮なうちに手早く調理しすぐにいただく

 

うどの皮のきんぴら
作り方
1.うどの皮は千切りにして酢水にさらし、水気を切る。
2.油少々を熱し、うどの皮を入れて軽くいためた後、便利つゆを加えてさっと煮からめる。
3.仕上げに七味唐辛子を振り、ひと混ぜして器に盛り、ゴマを振る。

 

わかめのお吸い物 材料(2人分)
・わかめ、三つ葉
・だし・・・・・・1/2カップ ・薄口しょうゆ・・・大1弱 ・酒・・・・・・小1
作り方
1.鍋にだし、薄口しょうゆ、酒を合わせて温める。
2.新わかめを一口大に切り、お椀に三つ葉と共に入れ、温めた汁をはる。

 

春野菜の蒸ししゃぶ

 

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿