食ナビNEWS− お知らせ −

2019年 2月18日号より

厚生労働省にゲノム編集の意見書(パブコメ)を出しましょう

厚労省の下に設置された薬事・食品衛生審議会新開発食品調査部会は、遺伝子操作の新技術「ゲノム編集」で作られた作物・家畜などについて、外来遺伝子が残らなければ規制の対象にせず、届出も義務づけないとする報告書案を まとめました。2月24日までパブリックコメントが募集されます。不安なゲノム編集食品に対して規制を求めましょう。

 

【意見の例】
①ゲノム編集技術でつくられたすべての作物等について、食品安全性審査を義務づけること
②ゲノム編集技術でつくられたすべての作物等とその加工食品について、表示を義務づけること
③遺伝子組み換えとゲノム編集以外のすべての新しい遺伝子操作技術について、食品安全性審査と表示を義務づけること

『香害110番』DVDを制作

 日本消費者連盟などでつくる企画委員会は、香害問題の解決を訴える短編ドキュメンタリーDVDを制作しています。昨年、関係省庁への香害対策の申し入れを行いましたが、行政の対策が進まないため、より多くの人に香害のことを知ってもらおうというものです。企画委員会では、クラウドファンディングでのDVD制作への支援を呼びかけています。

キーワード

ほかの記事もみる

問合せ先 パルシステム東京 商品・産直推進部