食ナビNEWS− お知らせ −

2017年 2月13日号より

ニュース関連情報

BSE検査廃止反対の意見書提出

 パルシステム東京は、厚生労働省が検討している健康牛のBSE 検査の廃止に反対し、非定型BSE対策、予防的措置、米国産牛のリスクの再評価などを求める意見書を提出しました。

加工肉の亜硝酸塩でぜんそく悪化?

 フランスの研究者が食肉加工品の利用者でぜんそくの症状が悪化したという報告を出し、発色剤の亜硝酸塩がその原因ではないかと疑われています。
 先にIARC(国際癌研究機関)が食肉加工品に発がん性があると評価していますが、亜硝酸塩が発がん性の原因のひとつになっているとの指摘もあります。

プラスチック原料の規制できるか

 厚生労働省は検討会を設置して、プラスチックの「ポジティブリスト規制」を検討しています。ポジティブリスト規制とは、食品添加物のように使っていい物質を定める制度です。欧米では実施されていますが、日本では食品衛生法でごく一部の物質に溶出基準などがあるだけ。業界団体の自 主規制はありますが、安全性の確認などあいまいで、輸入品などは対象外。プラスチック容器包装の安全確保が図られる制度が望まれます。

キーワード

ほかの記事もみる

問合せ先 パルシステム東京 商品・産直推進部