食ナビNEWS− お知らせ −

2016年 6月20日号より

お知らせ

健康食品の表示留意事項に関する意見書を消費者庁へ

 おもな内容は以下の通りです。…【詳細はこちら】

  • 誰が見ても明らかに食品であるものについて、効能を述べても薬事法違反にならない、などの規制見直し

  • 規制の対象者について

  • 人を誤認させる表示について(機能性表示食品制度の廃止)

  • 不実証広告を検証する行政機能の拡充

  • 体験談等の表示は禁止

  • 健康器具等に関しても同様の規制強化

羊・山羊のBSE対策についての意見書を厚生労働省へ

おもな内容は以下の通りです。…【詳細はこちら】

  • 米国産などを規制緩和対象にすることについて

  • 羊・山羊のプリオン病、ヒトへの感染性の継続的な研究

ニュース関連情報

米・科学アカデミーが「遺伝子組み換えは安全」??

 米国科学アカデミーが「遺伝子組み換え作物は、人や動物への危険性の証拠はない」との報告を出しました。
 遺伝子組み換え作物の慢性毒性試験などはほとんど行われておらず、食生活での摂取の有無が分離できないため疫学的な調査もできません。「危険性の証拠がない」ことは安全の保証になりません。
 危険性の証拠がないことの確認より、安全の証明が必要です。

 

キーワード

ほかの記事もみる

問合せ先 パルシステム東京 商品・産直推進部