商品・くらしの豆知識− コラム −

【「石けん生活」始めよう】 キッチンから考える③

Foodnavi62.jpg

 食べものと石けん...一見、関係がないようですが、実は深いつながりがあります。安全・安心な食べものは、豊かな自然環境の恵み。石けんはきれいな水環境を守りながら、肌や髪から衣類や住まいの汚れまできれいにできる、すぐれものです。環境にも肌にも安心な石けん、見直してみませんか。

Foodnavi62_1.jpg

石けんは短時間に水と二酸化炭素に分解。
水に流れた分は石けんカスになって微生物
が分解。すみやかに自然界に戻ります。

汚れた水はめぐって飲み水や食べものへ
できるだけ水を汚さない石けんを

 毎日の食器洗いで汚れた水は、どこに行くか考えたことがありますか? 食器洗いだけでなく洗濯も入浴も、家庭からでた排水は、下水処理場をへて川や海へ流れ込みます。下水処理場の浄化能力は向上してきているとはいえ、汚れた水を完全にきれいにすることはできません。
 水は自然界の中で循環しています。私たちが汚した水は、まわり回って食べものや飲み水をうみだす自然界を汚すことに。パルシステムが長年、石けんを組合員のみなさんにおすすめしているのは、人々が長い間使って環境への負荷が少ないことを確認されている洗浄剤だからです。

Foodnavi62_2.jpg

あなたの洗剤やシャンプーなど、ぜひチェックを

使いやすい合成洗剤だけど...
人や環境に有害とされている物質も

 使い勝手がよいと多くの人が使う合成洗剤。しかし、使われている合成界面活性剤のうち9種類が、PRTR法の管理対象になっています。PRTR法は「人の健康や動植物の生育に、影響を与える恐れがある」物質を、使用・生産メーカーに管理することを義務づけた法律。その多くが洗濯用洗剤やシャンプー、台所用洗剤などに日常的に使われています。

まず手始めにキッチンから!
台所用洗剤を石けんに

 直接、口に触れるものだから、食器洗いこそ石けんで。ちょっとしたコツで、ギトギトの油汚れもすっきり。「ヌルヌルが残る」「油汚れが落ちない」も、これで解決!

Foodnavi62_3.jpg
Foodnavi62_4.jpg
キーワード

ほかの記事もみる

問合せ先 パルシステム東京 商品・産直推進部