1. ホーム
  2. 私たちの社会活動
  3. さんちょくの~と
  4. ブログ
  5. 産直連続講座の記事一覧
  6. 「米沢郷鶏の値上げについての説明会」を開催

さんちょくの~と(産直農都)

「米沢郷鶏の値上げについての説明会」を開催

パルシステム東京は5月26日(火)東京ウィメンズプラザ、27日(水)東京都多摩消費生活センターで「米沢郷鶏の値上げについての説明会」を開催しました。

鶏説明会風景2会場合わせて約60名の組合員の他、多数の職員が参加してパルシステムの産直産地である「米沢郷牧場」の飼料や飼育のこだわりや、この春の値上げ(モモ肉430g 変更前665円(税込718円)→変更後898円(税込970円))に至った経緯について生産者から説明を聞き、また組合員と意見交換をしました。

はじめに野々山理事長が「今回の値上げは苦渋の決断であったと思います。この説明会で実情を学んで、産地を一緒に育てていくために、また、買い支えるために自分たちは何ができるかということを考える機会としたいと思います」と話しました。

 

値上げの理由について

連合会高橋部長

まずパルシステム連合会商品開発本部産直開発課高橋課長より、飼料高騰など畜産の置かれている状況とその中で米沢郷鶏の経営の悪化、供給不振による在庫過剰、加工工場の変更に伴うコスト増など値上げに至る経過が説明されました。

㈱パル・ミート商品部 山口課長からは値上げの理由として、加工工場の変更と米沢郷からの買い入れ価格値上げについての説明、養鶏業の流れの中での米沢郷の位置についての説明がありました。

 

 

 

 

米沢郷伊藤常務米沢郷牧場伊藤常務からは、1970年代に当時飼育していなかった鶏を無薬(抗生物質不使用)でと首都圏事業連から依頼されて鶏の飼育が始まったこと、以来Non-GMO(非遺伝子組み換え)とポストハーベスト農薬不使用の飼料原料を使い、資源循環型農畜産を進め、アニマルウェルフェアに取り組み、飼料米の利用や未利用資源を利用して飼料の自給を目指していること、値上げせざるを得ない状況に至ったことは残念であるが理解いただきたい旨の説明がありました。

 

 

経営支援について

米沢郷牧場米沢郷牧場の生産継続のため、パルシステム(㈱パル・ミート)では下記の2点で経営支援します。 

その1
2015年度「米沢郷牧場」との取引において、約30万羽の生産物(肝・砂肝は除く)の買い取りを保障

その2
2015年3月から全量を原料取引に切り替え

製品の供給責任等を㈱パル・ミートが全面的に負うことで、「米沢郷牧場」が生産のみに専念できるように支援していきます。

 

参加者からは、日頃から米沢郷の鶏肉を利用しているが今回の説明で米沢郷のこだわりがよくわかった、値上げは仕方ないものと理解したがもっと早く説明して欲しかった、中身がわかれば米沢郷鶏は決して高くはない、説明が不足していたことを連合会で真摯に総括して欲しい、さまざまな媒体や方法で産地のことをもっと知らせていって欲しい、まじめに取り組んでいる産地を支えていきたい、といったご意見が出されました。

アンケートでも、発言と同趣旨のご意見のほか、これからも頑張って安全な鶏の生産を続けて欲しい、それを支えていきたい、との温かい声を多数いただきました。

 

説明会を終えて

米沢郷牧場 阿部事業部長

「私たちの大切にしてきたもの、私たちの考える産直をぜひ産地に来て見てください。組合員は産地の生産者の顔を知っています。私たちにも組合員の顔を見せてほしいと思います。それが、やりがいとお互いの信頼につながると思います。私たちは自分たちの食べたいもの、自分たちの食べているものと違うものは出荷はしません。」

米沢郷牧場 伊藤常務

「みなさんのご意見を聞き、身の引き締まる思いです。私たちが鶏を生産しているのは、事業として続けていくだけではなくて、組合員さんが支えてくれているから、また、自分たちの家族の、地域の人が食べたいものを作っていて、それを理解してくれる人がいるということに尽きます。
今回の値上げに至った経緯をまだすべては伝えきれていませんが、それは日本のすべての農業が、畜産が抱えている問題だと思います。私たちはこうして再生できましたが、それがかなわず廃業した農家もたくさん知っています。
産直の大切さは、私は身をもってよくわかっていますが、これからもたくさんの人にわかってもらうよう、努力していきます。」

パルシステムでも、これからもカタログやホームページ、産地交流活動などで米沢郷牧場のおいしさ、価値をもっとたくさんの組合員に理解してもらうよう、広報をしていきます。

 

米沢郷鶏商品画像

米沢郷鶏モモ肉についてはこちら

パルくる便でもお取り扱いしています。

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿