1. ホーム
  2. 私たちの社会活動
  3. さんちょくの~と
  4. ブログ
  5. 新潟県上越市の記事一覧
  6. 新潟県上越市de切干大根の大根収穫体験 &"鮭のつかみとり"

さんちょくの~と(産直農都)

新潟県上越市de切干大根の大根収穫体験 &"鮭のつかみとり"

こんにちは!ミチハタです。今回は、新企画であります「切干大根の大根収穫&鮭つかみとり」の報告をします。                今回の体験は、新潟県の桑取地区でおこないました。

上越新幹線、JR特急はくたかで直江津駅に到着。そして自動車に乗ること数十分で、今回お世話になる、じょうえつ東京農大の圃場へ到着です。企画当日の少し前、東京では急に気温が低くなり、現地の気温が気になりました。しかし、東京と変わらない気温に少し戸惑いましたが、体験しやすい気温でした。

まずは、生産者の皆さんより説明を聞き、さっそく大根の収穫です。参加した皆さんは、生産者と交流をしつつ、一生懸命大根の収穫に励んでいました。大根を抜く感覚が癖になりそうです。                       

 

軽トラックの荷台一杯に収穫した大根を積み上げたところで、皆で記念撮影です。                                            皆さん、とてもいい笑顔ですね。

収穫が終わると、今度は大根洗いの作業です。一本一本丁寧に洗います。日中は東京と変わらなかったものの、夕方に近づくにつれ、気温はどんどん下がっていきました。当然、水も冷たいのです。そのような中、きれいに大根を洗っています。

 

大根の洗浄が終わったら、皆で、後片付けまでしました。                                                    変わった大根も見つかりました。葉っぱで目をつけたら置物のような大根となりました。

 

初日が終わり、その日は、くわどり湯ったり村で宿泊。温泉で冷えた体を温めます。                                              

2日目は、いよいよ名立川で毎年開催されている、鮭のつかみとり大会への参加です。                                          会場に着くと、名立川には大きな鮭がすでに泳いで川をのぼって泳いでいました。川から生簀に移した鮭をつかみとりしました。                 つかみとっている本人はもちろん、周りで見学している方達も力強く泳いでいる鮭に大興奮でした。

 

大きな鮭をつかみとるのに、子どもたちは苦戦したようすでした。実際掴みとりした鮭の大きさや重さにびっくりしていました。                               

 

生産者との交流、農作業、鮭のつかみとりと、なかなかできない体験を今回の企画で経験してもらったと思います。この企画を通して、上越市を好きになってもらい、上越の生産物に興味を持って頂ければいいなと思います。参加した組合員からは、「親子とも楽しく参加できました。」「近いうちにまた来ます。」という感想が聞かれました。

 ご協力頂きました、じょうえつ東京農大の皆様、上越市の皆様ありがとうございました。

 

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿