1. ホーム
  2. 私たちの社会活動
  3. さんちょくの~と
  4. ブログ
  5. 新潟県上越市の記事一覧
  6. 5/18-19新潟こしひかりの里de田植え&上下浜「地引網」体験

さんちょくの~と(産直農都)

5/18-19新潟こしひかりの里de田植え&上下浜「地引網」体験

こんにちは!ミチハタです。

5月18日(土)~19日(日)『新潟こしひかりの里de田植え&上下浜「地引網」体験』へ9家族28名で行ってきました。

1日目

自動車参加組と電車参加組が田植えのご指導をして頂く東田中生産組合で集合し、

歓迎の挨拶をして頂き、参加者全員で集合写真をとり、田植えをする圃場へ移動です。

 

圃場に着いたら、まず田植えの説明を受けました。

このときは、田植え初体験の方も多く、真剣に話を聞いていました。

 

田んぼに足を踏み入れると、 転ばないように慎重に田植えを体験すすとともに、

普段味わえない、田んぼの土の感覚を楽しんでいました。

 

始めは慎重に田植えをしていた子ども達もいつしか、泥だらけになりながらも、

スムーズに田植えができるようになりました。 

   

田んぼにひいてある線に沿って植えた田んぼです。皆さんしっかりと線に沿って苗を植えたため、

田んぼに植えられた苗は一直線になっています。

田植えがひと段落着いたところで、こびりをいれます。

「こびり」とはこちらの地域では休憩のことをいいます。

今回は、こびりで生産者に草もちをだして頂き、皆で美味しく頂きました。

 

 田植えの終了後、トラクター乗車体験をし、子ども達は初体験のトラクターにとても喜んでいました。

 

2日目

いよいよ、皆さん楽しみにしていた、地引網体験です。

当日は、朝6時に宿をでて柿崎区上下浜で地引網をしました。

早朝にも関わらず、全員が参加し、みんなで網を引きました。

参加者の日頃のおこないがいいのか、大きな真鯛が引っかかり、

参加者はもちろん、地元の釣りをしている方もその大きさに驚いていました。

 

 地元の方から、網に引っかかった魚の話を聞いています。

めずらしい魚もいて説明に聞き入っていました。 

  

取れた鯛をその場で捌いてもらい、お刺身で食べました。

取れたてで新鮮な鯛であることもあり、脂ののり、食感ともに申し分なく、瞬く間に参加者の胃袋に

入っていきました。

また、海を眺めながらの、浜汁、おにぎり、鯛の刺身は、とても美味しく、いい思い出になりました。

朝早く起きて地引網をした甲斐がありました。

 

地引網が終わり、宿に戻ると、今度は米粉ピザ作りです。

参加者の皆さん自身が作ったピザが昼食になるとあって、皆さん真剣に作っています。

普段、料理をしないお父さんや子ども達も先生に教わりながら、作っています。

 

 

今回の上越市での体験は、2日間とも天候に恵まれ、また参加者同士での交流もできているようで、

にぎやかな交流になったと思います。

参加した組合員からは、、「田植えの苦労が身にしみて体験でき、お米の大切さを学ぶことができた」

「単に体験するだけでなく、生産者と直接話しをできたのが印象深い」との感想を頂きました。

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿