1. ホーム
  2. 私たちの社会活動
  3. さんちょくの~と
  4. ブログ
  5. 新潟県上越市の記事一覧
  6. 11/9・10よしかわ杜氏の郷企画「よしかわ特産・青豆大豆de味噌作り教室in東京」

さんちょくの~と(産直農都)

11/9・10よしかわ杜氏の郷企画「よしかわ特産・青豆大豆de味噌作り教室in東京」

ご無沙汰しております!ヤマナカです

久しぶりのブログ更新となってしまいましたが、今日は11/9・10に開催した「味噌作り教室」のご報告です。

11/9狛江センター会場、11/10東新宿本部会場で開催し、合わせて32名の組合員さんにご参加頂きました!今回の企画は大人気のため抽選となりました。落選となってしまった方、ごめんなさいぜひ来年また再チャレンジして頂けると嬉しいです

今回は、コア産地、新潟県上越市から味噌作り名人にお越し頂きました!パルシステム東京の独自品でもお馴染みの「竹直味噌」の生産者、「竹直生産組合」の皆さんです

竹直生産組合の皆さん

Photo

竹直生産組合とは

平成13年からこだわりの田舎味噌の製造に取り組んでいる生産組合。現在、同組合の大豆加工施設では年間約16tの味噌が製造され、「竹直味噌」という名で特産品として定着しています。特徴は、塩以外の原材料(大豆、米)を全て同組合で生産し、無添加で製造していること。大豆は収穫したものから特に高品質なものを選び、麹(こうじ)の原料となる米は特産の酒米(五百万石)を使用しています。この「酒米」を使うことで「コシヒカリ」に比べ香りやあまみの強いよりよい麹ができます

 

…それでは、味噌作りスタート!

大豆洗い&浸漬…お米をとぐように大豆を洗い、12時間以上水に浸漬します。2倍以上に膨れた大豆に!

大豆を煮る…大きめのお鍋で軽く指でつまんでつぶれるくらいになるまで大豆を煮ます。白い泡がふわふわ出てくるので泡をとりながらじっくりと3時間半ほど…。大豆を煮たたね水は全部捨てずに少しとっておきます。

⇒ここまでは下準備…。いよいよここから組合員さんに作業をして頂きます!

大豆つぶし…煮た大豆を「ミートチョッパー」でつぶしていきます。ご家庭で作るときはマッシャーなどでも大丈夫!

Photo_2

麹・塩・大豆を混ぜ合わせる…塩と麹を混ぜた塩きり麹と、③でつぶした大豆をまぜます。

Photo_3

Photo_4

計量…みんなで作った味噌を一人分ずつ計量。

Photo_5

Photo_7

味噌作りをしながら、「保管方法はどうしたらいいの?」などなど…味噌作りについての質問も飛び交います!

できあがり!…半年以上寝かせると自家製味噌のできあがり!同じ分量で作っても家庭によって少しずつ味が違くなるそうですよ。半年後をお楽しみに

Dscn4957

Dscn4959

試食…できあがりの味を想像しながら「竹直味噌」をつかった味噌にぎり・もろきゅう・味噌汁を試食

0

Photo_6

講師の皆さん、ありがとうございましたこれからも美味しい味噌を届けて下さいね!

今回作った味噌は、12月1回のチラシ「TOKYOコア産地だより」、『竹直生産組合「味噌作り材料キット」』として掲載されています!ご自宅でも味噌を作ってみたい!という方はぜひご注文してみてくださいね

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿