1. ホーム
  2. 私たちの社会活動
  3. さんちょくの~と
  4. ブログ
  5. 青森県藤崎町の記事一覧
  6. 8/20青森県藤崎町"あんづまし~い"農の便り

さんちょくの~と(産直農都)

8/20青森県藤崎町"あんづまし~い"農の便り

こんにちは!ヤマナカですsun

お久しぶりのブログですが、皆さんお元気でしょうか?私は思いっきり夏風邪に襲われ、9度の熱でウンウンうなされておりましたweep今年の夏風邪、とっても手ごわいのでくれぐれもお気をつけ下さいsweat01

さて、そんな情けないヤマナカの近況はさておき、8月下旬の藤崎町の様子をお伝えしたいと思います!

8/20に会議で訪れた藤崎町budパルシステム東京のコア産地である藤崎町とは、年に3~4回交流体験の企画作成や交流施設の視察、翌年の事業の打合せなどで訪れ、話し合いを重ねています。

今回は、交流田んぼがどんな様子になっているかのぞいてきましたwink

camera5/26-27開催「つがるロマンの田植え体験」で田植えをした交流田

Dscn4805 Dscn4813

写真手前の稲は背丈が低く、奥の稲が背の高いこの田んぼ。なぜでしょうsign02

あんづまし~いときわの米村鈴子さん曰く、「田んぼの深さで穂の実る速さが違うんですよ。田んぼが深いほど根を深く深くのばそうとするから稲の背丈が低くなるんです」とのこと。なるほど~coldsweats02 

cameraつがるロマンの稲の花

Dscn4811

小さく点々と見えるのが稲の花shine8月上旬から花が咲き出すそうです!

↓こちらは交流田の水に浮かぶ藻の仲間clover有機栽培の田んぼにはこの藻が現れるそうflair

Dscn4809

みんなで田植えをした後は生産者の皆さんが愛情いっぱいこめて育てて下さり、順調に育っているようですhappy01

camera同じく「つがるロマンの田植え体験」で植樹をしたりんごの木

組合員さんが植樹をしたりんごの木も順調に育っていました!実がなるにはあと3年ほどかかるそうflair

Dscn4800 Dscn4801

会議会場のJA津軽みらい常盤支店前で、りんご生産者の石澤さんにばったり!5月の田植え体験ではりんごの植樹を指導、7月のにんにく収穫体験では夕食交流会に参加して下さったお馴染みの若手生産者さんですshine

↓思わず写真をパチリ!石澤さん、急にすみませんでしたcoldsweats01

Dscn4796

camera石澤さんのりんご園地apple

Dscn4802 Dscn4803

みんなで植えた稲やりんごが順調に育っているのは嬉しいですねconfidentそれも生産者の丹精な手入れがあってこそ!

毎日の食事でも、美味しいお米やりんごに感謝しながら食べていきたいものですねshine

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿