1. ホーム
  2. 私たちの社会活動
  3. さんちょくの~と
  4. ブログ
  5. 秋田県南部圏の記事一覧
  6. 8/1秋田南部圏から田んぼの便りが届きました!

さんちょくの~と(産直農都)

8/1秋田南部圏から田んぼの便りが届きました!

お久しぶりですriceballヤマナカです!

1ヶ月ぶりのブログ…ご無沙汰している間にすっかり夏の陽気ですねsun私ヤマナカも、藤崎の畑作業やサマーキャンプでこんがり焼けて夏色になりましたcatface

さて、本日、秋田南部圏から田んぼの便りが届きましたloveletter5月に組合員さんと田植えをした交流田んぼの様子をレポートして下さいました!ぜひご覧下さいsign03

 

*****JAこまち菅原さん・JAこまち稲川営農センター阿部さんより****

loveletterJAこまち・稲川営農センター 阿部さんより

『圃場の状況をお送りします。7月30日現在で草丈が約75cmです。茎の本数も確保できていると思われますので、順調な生育状況と思われます。

最近は毎日暑い日が続いていますので、田んぼの水の入れ替えなどをして、適正な水温の維持に努めています。』

camerashine5月に組合員さんと一緒に田植えをした田んぼの今!

0021_2 0051_2

loveletterJAこまち 菅原さんより

『あと1週間以内に穂がでるとの事です。ホタルの画像は、交流田(5月に組合員さんが田植えをした田んぼ)のすぐ近くの減減(減農薬・減化学肥料の田んぼ)にて撮影しました。

(交流田の生産者)藤原さんによると、田植えをした圃場でもホタルが見えたそうです。』

camerashine交流田の周辺に現れたのは…!!

Dsc008921_3 Dsc010351_3

********************************

阿部さん、菅原さん、レポートありがとうございましたhappy02

交流田の稲、順調に育っていますね!そしてホタルshineきれいな水のあるところにしか現れないホタル。水田が多い稲作地域でも、有機栽培の田んぼや減農薬の田んぼの周辺にしか現れないと聞きます。安全に育てられているお米の証ですねconfident

さて、この稲を収穫する稲刈り体験企画もいよいよ募集がスタートしますsign03

・ツアー名「実りの秋田 まるごと体験~あきたこまちの稲刈り&りんご園de丸かじり~」

・日程:9月22日~23日(土日)

・内容:あきたこまちの稲刈り、りんご収穫、湯沢の伝統工芸・蒔絵体験、こまち娘の着付け体験…など盛りだくさん!

8月6日から「週刊WITHYOU」、パルシステム東京HPで募集開始です!黄金色に実った田んぼにぜひお越し下さいriceballご応募お待ちしています!

 

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿