1. ホーム
  2. 私たちの社会活動
  3. さんちょくの~と
  4. ブログ
  5. 秋田県南部圏の記事一覧
  6. 5/21秋田南部圏から産地の便りが届きました!

さんちょくの~と(産直農都)

5/21秋田南部圏から産地の便りが届きました!

こんにちはhappy01ヤマナカです!

いよいよ6月2日に近づいてきた秋田南部圏の恒例イベント「あきたこまちの田植え体験sign03田植えを直前に控えた秋田南部圏からお便りが届きましたloveletter

今回は5/19-20にパルシステム東京役職員が行った「産地研修」の模様を伝えて頂きました。

パルシステム東京では2010年度から全役職員を対象にした「産地研修」を行ってきました。毎日組合員さんに商品をお届けする職員だからこそ、産地のことをしっかり学び、組合員さんに伝えられるようにしよう!と始まった職員研修も今年で3年目を迎え、産地との結びつきもますます強くなっています!

それでは、JAこまち・菅原さんからのお便りをどうぞdownwardleftdownwardleft

******JAこまち・菅原さんより******

『5月19日~20日にパルシステム東京職員研修が、「パルシステム秋田南部圏食と農推進協議会」の受け入れで行われました。

いつもの研修では農作業を行っていますが、今回は6月2日~3日に秋田南部圏で開催される「田植え&山菜摘み」ツアーで使用する、ふるさと山荘の雪囲いの撤去作業や、室内清掃、施設周りの落ち葉やゴミ拾い、裏山の管理などを行って頂きました。 』

camerashine産地交流の拠点「ふるさと山荘

P5190216

camerashineふるさと山荘の雪囲いを撤去!

P5190194 P5190197

P5190206 P5190211

P5190228

『例年、雄勝りんご生産同志会(秋田南部圏の団体の一つで、エコりんごの生産団体)の皆さんに行って頂いている作業をして頂き、ツアーに参加される組合員さんに気持ちよく使用して頂けることと思います。

参加された職員の皆さん、お疲れ様でした。本当にありがとうございます。』

camerashine雄勝りんご生産同志会・小野田代表のお話を聞く職員

P5190236

また、JAこまちの阿部さからは、田植え体験の時にみんなで田植えをする田んぼについて、報告を頂きましたdownwardleftdownwardleft

『田植えツアーの圃場(田んぼ)については、5月15日に耕起作業を行っております。

苗は草丈が11~12cmほどまで伸びております。田植えが近づいてきたので、苗を外の空気に慣らすために夜はハウスのビニールを閉めないで開放しています。』

************************

菅原さん、阿部さん、お便りありがとうございました!

ふるさと山荘は雪の影響で現在水道が出ない状態とのこと。田植え体験で使うことができない可能性もあるようですが、きれいになった山荘をぜひ見にきて下さいねeye

6/2-3開催の秋田南部圏田植え体験は、多くの組合員さんから申込みを頂き、抽選となりましたsweat01菅原さんはじめ、秋田の皆さんに宿の部屋数を増やす交渉をして頂いたり、とできる限り多くの組合員さんにご参加頂けるよう頑張って頂きましたが、落選になってしまった方、本当にごめんなさいweep

秋田南部圏では今後も稲刈りやりんご収穫体験、郷土料理講習会など行っていきますので、ぜひまた注目して下さいapple

 

 

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿