1. ホーム
  2. 私たちの社会活動
  3. さんちょくの~と
  4. ブログ
  5. 新潟県上越市の記事一覧
  6. 11/27.28新潟県上越市そばうち体験in東京

さんちょくの~と(産直農都)

11/27.28新潟県上越市そばうち体験in東京

こんにちわソメヤですhappy01

 

 

毎年恒例、毎年大人気企画sign03新潟県上越市「そばうち体験in東京」が今年も開催されましたup

 

 

上越市からJAえちご上越職員2名、吉川区総合事務所の職員1名、吉川のそばうち名人1名を講師に向かえ、11/27と11/28の二日間、計3コマの企画を実施し、合計で23組43人の組合員が参加しましたgemini

  

 

上越地方のおそばは、「へぎそば」というふのり を使ったおそばが有名ですが、上越市吉川区では自然薯を使用します。自然薯を使用することで独特の風味とのど越しが生まれるそうで、とてもおいしいそばに仕上がりますnoodle

 

そば粉も、自然薯ももちろん上越産!!

 

 

企画当日は親子連れや、男性の参加も多く、ワイワイ賑わいのあるそばうち体験となりましたhappy02

 

上越のおそばは水を一切使用せずそば玉を作り上げていきます。まずは、そば粉、そばのり、卵、自然薯を混ぜながらこね蜂のそば粉が無くなるまで練ります・・・、これが結構難しいcoldsweats01

Rimg0813  

Rimg0889

P1010005

こねてそば玉を作ったら今度は伸ばしleftrightこれも難しい・・・coldsweats02

目安としては、下から息を吹いてふわっと軽く浮くくらい。難しいのは記事が切れないように薄く伸ばさなくてはならないことですleftrightupdown

Rimg0896

Rimg0897

P1010028_2

伸ばした生地は今度は切って行きます。太くなったり、細くなったりいろいろありましたが、それはそれで本当においしいんですdelicious

Rimg0841

Rimg0831

切ったおそばを茹でて早速食べますrestaurant

P1010060

完成!

P1010074

いただきますsign01

P1010078

Rimg0880

Rimg0871

自分で打ったおそばはまた格別!!太いのも食べ応えがあってとてもおいしかったですhappy01

当日のご参加誠にありがとうございましたshine

 

上越ではお米の産地交流とお酒の産地交流を活発に実施しています。今年のお米の交流は終了してしまいましたが、お酒の交流は1月に酒仕込み体験を実施いたしますsign03

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿