1. ホーム
  2. Pray for Japan
  3. Pray for Japanのお知らせ一覧
  4. パルシステム東京震災復興支援基金の【愛称】が決まりました!
東日本大震災復興支援活動 Pray for Japan

パルシステム東京震災復興支援基金の【愛称】が決まりました!

(追記)パルシステム東京震災復興支援基金の最新情報はコチラ

**************************************************

 

組合員による復興支援活動を資金面で支援する「生活協同組合パルシステム東京震災復興支援基金」の創設にあたり、基金の愛称を組合員公募したところ、36点の応募がありました。寄せられた作品はどれも、震災で被災された方々への思いが詰まった愛称でした。

10月、パルシステム東京復興支援特別委員会で選考を行った結果、町田市の岩村さんからご応募いただいた名称に決定しました。また、優秀作品賞として5作品(6名)を選考しましたので、お知らせします。


【最優秀作品】(町田市・岩村さん)

パル未来花(ミライカ)基金

<愛称に込めた思い>

明るい未来を信じ、新しい花を咲かせるために、みんなで助け合い、力を合わせて、日々努力していく気持ちを表しました。


 

【優秀作品】

応募作品

行政区

組合員名

愛称に込めた思い

パルの輪基金

武蔵野市

渡部さん

パルシステム独自の支援活動の輪がつながって大きくなるイメージを簡潔に表しています。

江東区

鬼丸さん

震災で被害に遭われた方々の商品を買い消費者は生活を豊かにし、収入を得た生産者はより良い商品を作る。こうした循環サイクルがやがては大輪となって日本の未来を形成していく。その願いを込めて命名しました。

パル・こころ基金

大田区

坂井さん

「パルシステム組合員の心が一緒になって、1日でも早い震災からの復興ができれば!」と言う気持でつけました。

きずなパル基金

杉並区

相澤さん

「きずな」という言葉が、震災後、広く使われ、今ではきずなと聞けば、震災支援と瞬時に思考するようになり、きずなパル基金といえば、察しがつきやすいと考えました

はーとふるはんど・パル

杉並区

篠原さん

何もできないけど、困っている人にとにかく手をさしのべたい、という気持ちを伝えたくて考えました。

ともに歩む復興基金

世田谷区

林さん

支援する側、される側、という関係ではなく、みんなが笑顔で暮らせるようになるまで、ともに歩んでいきたい、という気持ちを込めました。

また、私たちも、いつでも災害に遭う危険が身の回りにある現実。3.11の大きな犠牲を無駄にせずに暮らしていこうという思いも込めました。

 

【震災復興支援基金の応募状況】(2013年9月末受付締め切り)

2014年下期からスタートした基金へは、13グループから、岩手県や宮城県の仮設住宅避難者支援や、福島の親子を対象にした保養企画、都内避難者への支援など、様々な支援活動の申請がありました。助成については、外部有識者の助言も受けながら、パルシステム東京復興支援特別委員会で審査、決定します。

助成グループとその活動については、助成が決まり次第、ホームページや機関誌『わいわい』などでお知らせしますので、ぜひ、ご注目ください♪

 

パルシステム東京復興支援特別委員会

 

**************************************************

■パルシステム東京震災復興支援基金の最新情報はコチラ

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿