1. ホーム
  2. Pray for Japan
  3. Pray for Japanのお知らせ一覧
  4. 宮城県登米市で、多くのボランティアの足となり活躍した「こんせんくん軽ワゴン」が帰ってきました。
東日本大震災復興支援活動 Pray for Japan

宮城県登米市で、多くのボランティアの足となり活躍した「こんせんくん軽ワゴン」が帰ってきました。

2013年03月28日

2013年3月21日(木)、東京災害ボランティアネットワークの宮城県登米市での支援活動の終了にともない、パルシステム東京が2011年4月1日から同団体へ無償貸与していた「こんせんくん軽ワゴン」が返還されました。

konsenkun-car.jpg東京災害ボランティアネットワーク(以下、東災ボ)は、被災地の生活支援、地域メディア、情報収集伝達、ボランティアのコーディネートなど、災害時に起こり得る課題に取り組んでいる団体で、パルシステム東京とは災害対策で平常時から協力関係にあります。

東日本大震災においても、発災直後から被災地入りし、登米市と南三陸町で「ふれあい喫茶」(仮設住宅での傾聴活動)や、「思い出探し隊」(写真の復元、持ち主への返還作業)などの被災者支援活動を展開。パルシステム東京でも多くの組合員、役職員がボランティア活動に参加しました。

この東災ボの支援活動において、震災直後の車両不足の時期から今日に至るまで、こんせんくんがマーキングされた軽ワゴンは、支援に携る多くのボランティアスタッフの足となり活躍しました。

  • 貸出期間:2011年4月1日(金)~2013年3月21日(木)
  • 走行距離:10,878km

konsenkun-car-henkan.jpg

写真:東京災害ボランティアネットワークのスタッフから鍵が返還されました。


関連記事:

・災害支援のため、東京災害ボランティアネットワークへの車両提供を行ないました。


ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿