1. ホーム
  2. Pray for Japan
  3. Pray for Japanのお知らせ一覧
  4. 「生協の家」で東日本大震災避難者の受け入れを行ないます
東日本大震災復興支援活動 Pray for Japan

「生協の家」で東日本大震災避難者の受け入れを行ないます

2011年03月28日

seikyonoie.jpg「宿泊施設、生協の家を開放します」

 

パルシステム東京は、東日本大震災の被災者に対する支援活動の一つとして、産直産地である新潟県阿賀野市にある「生協の家」で東日本大震災避難者の受入れを行なうこととしました。受入れはNPO法人「食農ネットささかみ」(*)が主体となって、パルシステムの産直産地の“ささかみ”(新潟県)にある「生協の家」を活用して、パルシステム福島の組合員を優先に、福島原発事故を受けての避難者の受け入れと支援活動を行なうこととなりました。

受入れに当たっては、農作業によるリフレッシュなど、パルシステムの産直産地らしい受け入れを行ないます

*パルシステム連合会及び会員生協、ささかみ農協、阿賀野市で構成する「食料と農業に関する推進協議会」の下部組織的位置付けで「産地へ行こうツアー」などの運営にも関わるNPO法人

【受入れの概要】
・農作業体験を希望者に勧める。ストレス発散と癒しを提供
・1ヶ月を目安に受入
・無償(農作業で還元するという考え方)
・食材についてもJAと協力して何らかの補助をする予定

【受入体制】(2011年3月23日現在)
(1)NPO食農ネットささかみ 理事長宅
受入可能人数:1家族(4~5 名)

(2)生協の家(宿泊施設)
受入可能人数:20 名前後(家族数で調整)


ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿