1. ホーム
  2. 私たちの社会活動
  3. 平和
  4. 難民の「故郷の味」を味わうケータリングとトークセッション 「記憶を宿す故郷の味」
平和

難民の「故郷の味」を味わうケータリングとトークセッション 「記憶を宿す故郷の味」

2019年02月19日

top画

 

  1月31日(木)、トークセッション「記憶を宿す故郷の味―日本で生きる難民の人々を知る―」(主催:朝日新聞社、協力:パルシステム東京、認定NPO法人難民支援協会、Dialogue for People )がパルシステム東京新宿本部にて開催されました。仕事帰りの方やお母さんと高校生のお子さんなど107名の参加があり、あまり知る機会がない日本の難民認定の話や、難民の方の日本での状況などを聞きながら、故郷の料理をいろいろな思いとともに味わいました。

 

日本人は知らない、日本の難民 -トークセッション-

登壇者

左から安田菜津紀さん、チョーチョーソーさん、野津美由紀さん

 

  前半はトークセッション。朝日新聞社の言論サイト「WEBRONZA」で「記憶を宿す故郷の味」というタイトルで連載をしているジャーナリストの安田菜津紀さん、ミャンマー出身の難民でミャンマー料理店経営のチョーチョーソーさん、認定NPO法人難民支援協会広報部の野津美由紀さんの3名が登壇しました。 (難民支援協会は、2007、2008年度パルシステム東京市民活動助成基金の助成団体)

 

トークセッションより

●日本の難民認定は申請してから結果が出るまで最低でも2年半かかり、その間の 公的な支援はなく、言葉の壁などで
   仕事をするのも難しい。2017年は2万人近くの難民申請のうち、認定されたのはわずか20人。年々厳しくなっている。

●なぜ世界中に難民が増えるのか、みんなで考えてほしい。問題のルーツを考え、 解決しないと何も変わらない。

●難民支援は一日で成り立つ支援ではない。一人一人ができる支援をすることが大切。

 

  トークセッションと質疑応答の後は難民の故郷であるミャンマー、カメルーン、クルドなどの料理をみんなで味わい、参加者同士で交流しました。

 

料理

難民の故郷の状況を知り、思いをはせる

 

関連リンク

当日の様子を伝える、朝日新聞WEBRONZAの記事はこちら

朝日新聞WEBRONZA 安田菜津紀さんの記事「記憶を宿す故郷の味―日本で生きる難民の人々―」はこちら

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿